• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2018年8月23日

ホームページの内容を一部リニューアルしました。トップページに掲載されていた「シグナル交通安全雑記」は、交通安全時評内でお読みいただけます。

最終更新日:2019年8月22日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 新着情報
  • 「ながら運転」の厳罰化が今年1...

新着情報

 sub_title20190606.gif

道路交通法一部改正が6月5日に公布され、携帯電話などを手に持って通話や画面注視をするなどの「ながら運転」(携帯電話使用等)の厳罰化が今年12月4日までに施行されることが決まりました。

「ながら運転」厳罰化の概要は以下の通りです。

 

 事故などを起こさなかった場合の「ながら運転」に懲役刑が新設

 「ながら」運転の罰則が以下の通りに強化されます。

 交通の危険(交通事故など)を生じさせなかった場

  【改正前】5万円以下の罰金
         ↓
  【改正後】
6月以下の懲役または10万円以下の罰金

 交通の危険(交通事故など)を生じさせた場合

  【改正前】3月以下の懲役または5万円以下の罰金
         ↓
  【改正後】
1年以下の懲役または30万円以下の罰金 


 事故などを起こした場合は即、罰則が適用

 改正前は「ながら運転」をしても、反則金を支払えば罰則の適用はありませんが、改正後は、「ながら運転」によって交通の危険を生じさせた場合、反則金が適用されず、即、罰則が適用されます。

 
 事故などを起こさなかった場合の反則金が引き上げ

 改正により、交通の危険を生じさせなかった場合の「ながら運転」の反則金の額が引き上げられます。なお、その金額は、今後公布される道路交通法施行令一部改正によって定められます。

 

ホームへ戻る