• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2018年8月23日

ホームページの内容を一部リニューアルしました。トップページに掲載されていた「シグナル交通安全雑記」は、交通安全時評内でお読みいただけます。

最終更新日:2019年11月20日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 新着情報
  • 警察庁とJAFがシートベルト等...

新着情報

 

sub_title20181220.gif

警察庁と日本自動車連盟(JAF)は、一般道路・高速道路等におけるシートベルト着用率と、6歳未満の子どものチャイルドシートの使用率および取り付け・着用状況を全国調査し、その結果をこのほど公表しました。概要は以下の通りです。

 

【シートベルトの着用状況】

(1)調査期間

 2018年10月1日から10月10日の間

(2)調査場所

 一般道路:全国780カ所

 高速道路等:全国104カ所

(3)調査対象

 一般道路:運転者303,999人 助手席同乗者50,073人 後部座席同乗者55,893人

 高速道路等:運転者55,373人 助手席同乗者19,760人 後部座席同乗者13,815人

 

後部座席での着用率は、一般道路で38.0%と過去最高を記録したが、他の座席と比べ、依然として大幅に低い。

graph01.gif
 graph02.gif

 

【チャイルドシートの使用状況】

(1)調査期間 2018年4月20日から4月30日の間

(2)調査場所 全国99カ所

(3)調査対象 13,103人

 

6歳未満全体の子どもの使用率は66.2%で、2年ぶりに上昇。

graph03.gif
 graph04.gif
graph05.gif

 

詳細については、日本自動車連盟(JAF)のホームページをご覧ください。

ホームへ戻る