• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2020年9月23日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯(7月1日〜20日分)を「追稿7」としてまとめた「シグナル交通安全雑記/第142回」を公開しました。

2020年8月21日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯(6月21日〜30日分)を「追稿6」としてまとめた「シグナル交通安全雑記/第141回」を公開しました。

2020年7月22日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯(6月1日〜20日分)を「追稿5」としてまとめた「シグナル交通安全雑記/第140回」を公開しました。

2020年6月24日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯(5月1日〜31日分)を「追稿4」としてまとめた「シグナル交通安全雑記/第139回」を公開しました。

2020年5月29日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯に4月20日〜30日の出来事を「追稿3」として加えた「シグナル交通安全雑記/第138回」を公開しました。

2020年5月29日

ドライバーを処罰する道路交通法の罰則における「刑罰」や「過失規定」、「両罰規定」などについて解説した「交通安全コラム/第27回」を公開しました。

2020年5月22日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯(4月1日〜20日)をまとめた「シグナル交通安全雑記/第138回」を公開しました。

2020年5月12日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯に2月末〜3月末の出来事を「追稿1」として加えた「シグナル交通安全雑記/第137回」を公開しました。

2020年4月24日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯を時系列で整理・記録した「シグナル交通安全雑記/第137回」を公開しました。

2018年8月23日

ホームページの内容を一部リニューアルしました。トップページに掲載されていた「シグナル交通安全雑記」は、「交通安全時評」内でお読みいただけます。

更新日:2020年9月24日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 新聞スクラップ・ダイジェスト

新聞スクラップ・ダイジェスト

2020年7〜8月に新聞各紙で報道された主な道路交通関連ニュースを基に要旨をまとめました。

交通安全情報

 

「あおり運転(妨害運転)罪」初適用 警視庁が容疑の男を書類送検 【7/16付朝日、読売、道新】

 警視庁は16日、東京都江戸川区の男性会社員42歳を道路交通法違反(妨害運転)容疑で書類送検した。悪質なあおり運転を「妨害運転」として厳罰化した改正道路交通法は6月30日に施行されたが、同法上の妨害運転が適用されるのは全国初。発表によると、男性会社員は、6月30日、江戸川区の環状7号から側道にかけて約1.3キロを、前方の軽乗用車の後方からクラクションを鳴らし続けながら60―70キロで走行し、交差点で曲がる際に軽乗用車の前に割り込んで停車させた疑い。車間距離を4.5メートルまで詰め、パッシングもしていた。男性会社員は容疑を認めている。容疑者は、乗用車を停車させたあと、被害者をどなるなどしており、目撃者が110番通報をした。警視庁はドライブレコーダーなどから妨害運転を裏付けたという。

  

高速道路の最高速度を時速120キロに引き上げ 警察庁 【7/23付毎日、朝日、読売、日経、道新】

 警察庁は22日、一定基準を満たす高速道路の一部区間で、最高規制速度の上限を時速100キロから120キロに引き上げることを決めた。最高速度引き上げの基準は、道路の設計速度が時速120キロで、実勢速度が時速100キロ以上あること、死傷事故率が低いことなど。最高速度120キロ規制は、新東名高速道の「新静岡―森掛川インターチェンジ(IC)」約50キロと東北自動車道の「花巻南―盛岡南IC」約27キロで2019年からすでに試行されているが、施行前と比べて実勢速度や死傷事故率に大きな変化がなかったため、同庁は、一定条件を満たす高速道路であれば安全性を確保できると判断した。最高速度引き上げの対象となるのは、現行の施行区間を含む、4路線(東北自動車道、常磐道、東関東道、新東名高速道)5区間で、最高速度引き上げに必要な交通規制基準の改正は8月にも実施される。

 

 

 

 

 

 

ホームへ戻る