• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2021年10月 8日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の関連出来事(2021年5月分)をまとめた「シグナル交通安全雑記/第153回(追補版)」を公開しました。

2021年9月29日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の関連出来事(2021年5月1日〜22日分)をまとめた「シグナル交通安全雑記/第153回」を公開しました。

2021年8月25日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の関連出来事(2021年4月分)をまとめた「シグナル交通安全雑記/第152回」を公開しました。

2021年7月26日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の関連出来事(2021年3月分)をまとめた「シグナル交通安全雑記/第151回」を公開しました。

2021年6月28日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の関連出来事(2021年2月分)をまとめた「シグナル交通安全雑記/第150回」を公開しました。

2021年5月18日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の関連出来事(2021年1月分)をまとめた「シグナル交通安全雑記/第149回」を公開しました。

2021年4月12日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の関連出来事(2020年12月分)をまとめた「シグナル交通安全雑記/第148回」を公開しました。

2021年3月12日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の関連出来事(2020年11月分)をまとめた「シグナル交通安全雑記/第147回」を公開しました。

2021年2月12日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の関連出来事(2020年10月分)をまとめた「シグナル交通安全雑記/第146回」を公開しました。

2021年1月15日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯(9月1日〜30日分)を「追稿10」としてまとめた「シグナル交通安全雑記/第145回」を公開しました。

更新日:2021年10月18日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 新聞スクラップ・ダイジェスト

新聞スクラップ・ダイジェスト

2021年8-9月に新聞各紙で報道された主な道路交通関連ニュースを基に要旨をまとめました。

交通安全情報


「白ナンバー車」のドライバーにもアルコール検査器による飲酒検査を義務化 警察庁方針
 【8/3付朝日、8/5付読売、8/21付朝日】

警察庁は、自社の資材などを運ぶ「白ナンバー」の車を業務で使う事業者に対して、有料で荷物や人を運ぶ運送事業用の緑ナンバー車を使う事業者と同様に、ドライバーに対するアルコール検知器による飲酒検査を義務づける方針を固めた。千葉県八街市で6月、飲酒運転の「白ナンバー」のトラックに小学生がはねられて5人が死傷した事故を受け、飲酒運転対策を強化する。アルコール検知器による飲酒検査が新たに義務化されるのは、安全運転管理者の選任が義務づけられている、白ナンバーの車を5台以上使用する事業者または定員11人以上の車を1台以上使っている事業者。安全運転管理者には、ドライバーが飲酒などで正常な運転ができないおそれがないかどうかを点呼時に確認することが道路交通法施行規則により定められているが、警察庁は、今後、同規則を改正し、確認の際にアルコール検査器を使って飲酒検査を行うことを義務づける。警察庁によると、安全運転管理者を警察に届け出ている事業者は昨年3月時点で約34万あり、業種も幅広い。管理下にあるドライバーは約770万人に上る。


「妨害運転罪」の摘発100件 厳罰化後1年間に全国で
 【8/26付読売・夕、道新・夕、8/27付毎日、朝日】

悪質なあおり運転を「妨害運転罪」として厳罰化した道路交通法一部改正が昨年6月30日に施行されたが、その後1年間(今年6月30日まで)に「妨害運転」をしたとして全国の警察が摘発(逮捕・書類送検)した例は100件(96人)に上ることが、警察庁のまとめにより分かった。「妨害運転」の対象となる違反行為は10類型あるが、摘発された100件のうち「急ブレーキ禁止違反」が24件で最多、次いで「進路変更禁止違反(急な車線変更)」が20件あり、そのほか「車間距離保持義務違反(前車に著しく接近)」と「安全運転義務違反(蛇行、幅寄せなど)」がそれぞれ16件、「高速道路での駐停車」9件、「追越し違反(左側からの追越しなど)」6件、「警音器使用制限違反(執拗なクラクション)」5件、「通行区分違反(逆走)」3件、「高速道路での最低速度違反」1件と続く。道路別では、「高速道路」が24件、「一般道路」が76件で、都道府県別では、大阪が最多の11件、埼玉が7件、北海道と東京、岡山がそれぞれ6件、兵庫5件など―となっている。また、自転車による「妨害運転」が4件あった。「妨害運転」を立件するには「通行を妨害する意思」の証明が必要だが、摘発された100件のうち93件でドライブレコーダーの映像が捜査に活用され、6件にはスマートフォンや防犯カメラなどの映像があり、1件は目撃情報だった。また、「妨害運転」に起因する人身事故は23件発生し、うち2件は重傷事故、21件は軽傷事故だった。

 

 

ホームへ戻る