• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2021年2月12日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の関連出来事(2020年10月分)をまとめた「シグナル交通安全雑記/第146回」を公開しました。

2021年1月15日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯(9月1日〜30日分)を「追稿10」としてまとめた「シグナル交通安全雑記/第145回」を公開しました。

2020年11月20日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯(8月1日〜31日分)を「追稿9」としてまとめた「シグナル交通安全雑記/第144回」を公開しました。

2020年10月21日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯(7月21日〜31日分)を「追稿8」としてまとめた「シグナル交通安全雑記/第143回」を公開しました。

2020年9月23日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯(7月1日〜20日分)を「追稿7」としてまとめた「シグナル交通安全雑記/第142回」を公開しました。

2020年8月21日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯(6月21日〜30日分)を「追稿6」としてまとめた「シグナル交通安全雑記/第141回」を公開しました。

2020年7月22日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯(6月1日〜20日分)を「追稿5」としてまとめた「シグナル交通安全雑記/第140回」を公開しました。

2020年6月24日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯(5月1日〜31日分)を「追稿4」としてまとめた「シグナル交通安全雑記/第139回」を公開しました。

2020年5月29日

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の経緯に4月20日〜30日の出来事を「追稿3」として加えた「シグナル交通安全雑記/第138回」を公開しました。

2020年5月29日

ドライバーを処罰する道路交通法の罰則における「刑罰」や「過失規定」、「両罰規定」などについて解説した「交通安全コラム/第27回」を公開しました。

更新日:2021年3月6日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 新聞スクラップ・ダイジェスト

新聞スクラップ・ダイジェスト

2020年2月に新聞各紙で報道された主な道路交通関連ニュースを基に要旨をまとめました。

交通安全情報

 

昨年の自転車違反の摘発件数、過去最多を更新 【2/19付毎日、読売】

警察庁のまとめによると、2020年中に全国の警察が摘発した自転車の交通違反は前年比11.4%増の2万5,465件で、統計がある2006年以降で最多を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大により通勤や宅配サービスでの自転車の利用が増えたことが影響した可能性がある。警察は2006年ごろから自転車の取締りを強化させた。2010年の摘発は2,584件で、2020年までの10年間で10倍ほどに増加した。違反の内訳をみると、「信号無視」が全体の56.3%を占めて最多で、次いで「遮断踏切立入り」が23.6%、「一時不停止」が7.1%を占めた。警察庁は、自転車事故の防止に向けて、自転車利用者に交通ルールの順守を呼びかけている。

  

妨害運転の摘発、法改正後の半年間で58件 9割でドラレコに映像残る 【2/25付読売、道新、2/26付朝日】

あおり運転の厳罰化を目的に昨年6月30日施行の改正道路交通法で創設された「妨害運転罪」の摘発が、昨年末までの半年間で58件に上り、57人が逮捕・書類送検されたことが警察庁のまとめでわかった。そのうち9割を超える54件でドライブレコーダーの映像が残されており、ドラレコ映像が妨害目的の立証につながったとみられる。「妨害運転罪」58件に伴う違反行為の内訳をみると、「車間距離不保持」が最多の13件、「急ブレーキ違反」が11件、「幅寄せ・蛇行など」が10件、「急な車線変更」が9件、「高速道路上の駐停車」が5件、「左からの追越し」が4件、「執拗なクラクション」が3件、「逆走」が2件、「高速道路上の低速走行」が1件だった。また、より罰則が重い「著しい危険」とされたものは17件で、そのうち「急ブレーキ違反」「高速道路上の駐停車」がそれぞれ5件、「車間距離不保持」「幅寄せ・蛇行など」「急な車線変更」がそれぞれ2件、「左からの追越し」が1件だった。

 

 

ホームへ戻る