• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2018年8月23日

ホームページの内容を一部リニューアルしました。トップページに掲載されていた「シグナル交通安全雑記」は、交通安全時評内でお読みいただけます。

最終更新日:2018年11月20日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全時評>
  • シグナル交通安全雑記
  • 【第117回】

交通安全時評

バックナンバーはこちら

zakki_no117.gif

まず、前回の「雑記」の概要を記しておきましょう。すなわち、「クルマ社会」の文字通りの大革命である自動運転車(自動走行車)の実用化が急速に進捗し、その実現が目前に迫っている今、1960年(昭和35年)という半世紀以上も前に、運転者が「ハンドル・ブレーキ等を常に適正に制御・操縦して走行する自動車」のみを大前提にして公布・施行された現行・道路交通法は、もはや、旧時代の遺物と化し、これまでの「クルマ社会」とは次元が全く異なる自動運転車(自動走行車)が実用化される「新クルマ社会」に対処していくには、一部改正等による応急的な対処では根源的な無理がありすぎるので、全く新たな道路交通法の制定に向けた作業を早急に開始しなければならない。しかし、自動運転車(自動走行車)の実用化という新たな緊急的課題を持ち出すまでもなく、半世紀以上も前の1960年(昭和35年)に公布・施行された現行・道路交通法は、その後の日本の「クルマ社会」の急速な進展・変化に振り回され、毎年のように、一部改正という「つぎはぎ繕い」補修を繰り返してその場をしのいできたが、今日の道路交通の実態と大きな齟齬をきたしている部分も少なくなく、もはや甚だしい時代遅れの甚だしい「ボロ着・古着」と化していることは明白で、その点からしても、その「ボロ着・古着」を潔く脱ぎ捨て、全く新たな道路交通法を調達すべきだ。

ちなみに、道路交通の現状と大きな齟齬をきたし、旧時代の遺物、形骸化し死語ともいえる状態になっている現行・道路交通法上の規定・事例の典型的な例として、まず、用語定義上の「原動機付自転車」を取り上げた。道路交通法第2条の第1項第10号にある「原動機付自転車」、一般的にいう、いわゆる「原付」は、あたかも自転車の一種(亜種)のような名称で定義されているが、今日、全国でおよそ600万台も保有され走りまわっている「原付」は、その姿形からしても、明らかに小型のオートバイ(自動二輪車)であって、「原動機付自転車」という道路交通法上の用語は極めて不自然で、形骸化している。

また、旧時代の遺物として形骸化している現行・道路交通法の規定の第2の具体例として、いわゆる「法定最高速度」を取り上げました。すなわち、現行・道路交通法が公布・施行された1960年(昭和35年)当時の道路は、全国的に見れば、幹線国道といえども未舗装路が少なくなく、地方の道路のほとんどは未舗装の砂利道・土道で、歩車道の分離もほとんどなく、信号機も少なかった、その上、自動車のエンジン性能等もまだまだ稚拙で、「エンスト」やタイヤのパンクなどといった故障も日常茶飯事だった、そんな状況のもと、普通乗用自動車と自動二輪車は時速60キロ、大型自動車や乗用以外の普通自動車は時速50キロの最高速度で走ることができた。その後、全国の道路網はまさに日進月歩で整備・改善が促進され、今では国道、都道府県道、市町村道はもちろん、地方の農道に至るまで、そのほとんどが舗装路となり、かつ、歩車道が分離されている道路が大半を占め、信号機等の安全施設も拡充し、かつ、自動車のエンジン性能等の走行性能等は世界に冠たる信頼を得るほど優れたものになっている、にもかかわらず、半世紀以上もの旧時代に公布・施行された「法定最高速度」が金科玉条として活き続けているのは、どう考えても合理的・妥当なことだとは思えない。結果、多くの道路で、いわゆる「実勢速度」(大多数の車の実際の平均的速度)との乖離が生じ、多くのドライバーにとって「法定最高速度」または「規制最高速度」は「建て前」として形骸化し、遵法意識の低下を助長する大きな要因にもなってきた。

以上が前回の概要ですが、本稿では、前回に続き、公布・施行以来半世紀以上もの歳月を経過し、その間、まさしく日進月歩で目まぐるしく大きな変化を遂げてきた道路交通の実情と様々な面で大きな齟齬をきたし、形骸化している現行・道路交通法の規定の具体例の第3として、まず、上記の、いわゆる「法定最高速度」に関連することでもありますが、高速道路での「法定最高速度」を取り上げてみます。高速道路、つまり、道路法および高速自動車国道法に定められている「都道府県間を結ぶ自動車幹線道路」(高速自動車国道)での、いわゆる「法定最高速度」は、やはり、今から半世紀以上も前の1963年(昭和38年)の道路交通法の一部改正によって定められたもので、道路交通法が公布・施行された当初にはその関連規定はありませんでした。というのも、道路交通法が公布・施行された1960年(昭和35年)当時、国内には高速道路そのものが存在していなかったからです。それが、1964年(昭和39年)に第18回オリンピックが東京で開催されることが決定されたことに伴い、首都高速道路等の建設・整備および、国内初となる名神・東名高速道路の建設も急ピッチで進められ、日本にも高速道路や自動車専用道路が出現することになったことを受け、東京オリンピック開催が翌年に迫った1963年(昭和38年)に至り、道路交通法の一部改正が公布され、「高速自動車国道等における自動車の交通方法等の特例」条項が新設・施行されましたが、この際、高速道路での、いわゆる「法定最高速度」が初めて定められたのです。もちろん、「法定最高速度」というのは一般的な呼称で、一般道路での、いわゆる「法定最高速度」と同様、「法律(道路交通法)」の規定に基づき、内閣が発する命令、つまり、「政令(道路交通法施行令)」に規定されているものですが、この時の政令第27条では、「自動車が高速通行路を通行する場合の最高速度は、乗車定員10人以下の普通乗用自動車は時速100キロ、それ以外の自動車は時速80キロ(道路標識による指定がある場合を除く)」と定められています。

1965年(昭和40年)の道路交通法施行令の一部改正によって「大型乗用自動車(バス)及び普通自動車は時速100キロ、それ以外の自動車は80キロと改正され、その後も何度かの改正が行われ、現在では大型貨物自動車、特定中型貨物自動車、トレーラー、大型特殊自動車だけが時速80キロ、それ以外の大型乗用自動車、中型乗用自動車、特定中型貨物自動車を除く中型貨物自動車、準中型自動車、普通自動車、大型自動二輪車、総排気量125ccを超える普通自動二輪車、緊急自動車の最高速度は時速100キロとなっています。

この規定、つまり、高速道路での、いわゆる「法定最高速度」の規定は当時の日本車の性能等を考慮すれば妥当性が高い規定であったと思います。すなわち、当時の日本製の自動車の多くは貨物自動車で、一般的な普通乗用自動車は普及途上の少数派であり、しかも、当時の貨物自動車はもちろん、普通乗用自動車でも、時速100キロで1時間ほども走ればオーバーヒートしかねない程度の性能の代物だったからです。しかし、その後の日本車の性能向上は目覚ましく、時速100キロで1時間ほども走ればオーバーヒートしかねない、という危惧が全く払拭されたばかりではなく、欧米車以上に故障が少ない車として国際的にも評価され、欧米等の海外にも普及していきました。また、全国的な高速道路網の実現に向け次第に伸長されてきた高速自動車国道の多くでは「クロソイド曲線(カーブを無理なく曲がることができる緩和曲線)」を取り入れるなど高規格の設計基準で施工されてきたことや多くのドライバーが高速走行に熟達してきたことなどが相まってか、高速道路での実勢速度は100キロを超え、いわゆる「法定最高速度」との乖離が目立つようになっているのが実情です。

こうした状況を受けてか、2013年(平成25年)に国家公安委員長が招集・開催した有識者懇談会は、大半の車が最高速度制限を超えた速度で走行している現状、また、2012年(平成24年)に新たに開通した新東名高速道路(御殿場JCT―三ヶ日JCT間)など、車線幅や路肩が広く、カーブや勾配も少なく、最高速度100キロ超えでも安全に走行できる構造の高速道路が多くなってきたことなどを鑑み、「規制」最高速度の見直しを検討するよう求めたことを受けて、警察庁は2015年(平成27年)に専門家等による委員会を立ち上げ、全国各地の高速道路の状況や事故の特徴、実勢速度等々を調査して検討した結果、車線幅が広い、事故が少ない、渋滞が少ないなど一定の条件を満たす高速道路では「規制」最高速度の引き上げが可能と判断、まずは、2017年(平成29年)11月に新東名高速道路(新静岡IC―森掛川IC間)、同年12月には東北自動車道路(花巻南IC―盛岡南IC間)で「規制」最高速度を時速110キロに引き上げることを実施、1年間ほど試行し、安全が確認できれば対象を広げ、「規制」最高速度も時速120キロに引き上げていく方針を固めています。

しかし、これは、あくまでも、公安委員会による「規制」最高速度の見直し・引き上げにすぎず、いわゆる「法定最高速度」、つまり、法律(道路交通法)の規定により、政令(道路交通法施行令)で定める最高速度は、従前どおりで、半世紀以上も前に定められた規定はそのまま活き続けることになります。これでは、問題の本質の解決には全く至りません。問題の本質は、半世紀以上も前の「旧時代」に定められた規定が、日々刻々と変化して大変貌を遂げる道路交通の実情と大きな齟齬をきたし、形骸化し、破たんしている部分が少なからずある―ということなのです。その形骸化し、破たんしている現行・道路交通法上の規定の代表例の一つが、いわゆる「法定最高速度」なのですから、少なくとも、「規制」最高速度の見直しや引き上げではなく、「法定最高速度」の見直し・引き上げをこそ検討すべきなのです。しかし、問題の本質は、やはり、半世紀以上も前の旧時代の「クルマ社会」を基に制定・施行され、以後の道路交通の急激な変動により、道路交通法の規定が、道路交通の実情と大きな乖離を生じていることにあるのです。にもかかわらず、その本質的問題点から目をそらし、運用上の規制緩和や一部改正という「つぎはぎ繕い」的補修をもってして現行・道路交通法を延命させようとする対処法の意図が全く理解できません。この際、つぎはぎだらけの「ボロ着・古着」を潔く脱ぎ捨て、全く新たな道路交通法を策定し、制定・施行するという対処法をとるのが王道である―ということを強く訴えておきますが、これは、いわば、本稿の総括的結論であり、結論を急ぎすぎたきらいがありますので、以下では、本稿の本筋に戻り、道路交通の実情と大きな齟齬をきたし、形骸化し、破たんしている現行・道路交通法上の規定の具体例の4つ目を取り上げることにします。

半世紀以上も前の「旧時代」に定められた規定が、日々刻々と大きな変化を遂げる道路交通の実情と大きな齟齬をきたし、形骸化し、破たんしている現行・道路交通法上の規定の具体例の4つ目は、自転車にかかわる規定のいくつかですが、これを取り上げてみようと思うのは、改めて言うまでもなく自転車は、エコロジーで自然環境に優しく、誰もが手軽に乗りこなせ、かつ、健康維持にも役立つ等々の利点により、急速に普及し、自動車(自動二輪車と「原付」を除く)と同程度の8,000万台ほどが保有されている一方、交通事故の20%弱は自転車が一方の当事者になっており、特に近年は、歩行者が被害者となる自転車による深刻な事故も目立つようになってきたほか、「放置自転車」による交通障害も深刻化している等の状況を受け、昨年2017年5月に「自転車活用推進法」が施行され、この「推進法」に基づく「自転車活用推進計画」が今年2018年6月に決定・公表され、自転車の活用を総合的・計画的に推進することとなったからでもあります。しかし、「雑記子」は、道路交通の実情と大きな齟齬をきたし、形骸化し、破たんしている現行・道路交通法上の自転車にかかわる諸規定が活きている限り、せっかくの「自転車活用推進法」も、それに基づく「自転車活用推進計画」も、たいした効を為さず、結局、「免罪符」の役割と変わらないもので終始するであろうと考えるからです。
自転車の保有台数・・・財団法人自転車産業振興協会による2013年(平成25年)末の保有台数は、「自動車と同程度の約7,200万台」としています。ただし、ここでの自動車は「自動二輪車を除く」としていますが、この保有台数は、あくまでも「推計数」にすぎず、自転車の保有台数に関する確たる調査そのものが存在しないのが実情です。したがって、上記の、「8,000万台ほど」という最近数も、(財)自転車産業振興協会による推計数を基にした推計値にすぎません。

さて、問題とする現行・道路交通法上の自転車ですが、まず、第2条第1項(用語の定義)第8号で「車両」が、「自動車、原動機付自転車、軽車両及びトロリーバス」の総称として定義され、同条同項第11号で「軽車両」は、「自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む)であって、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のものをいう」と定義されています。そして、自転車は同条同項第11号の2で、「ペダル又はハンド・クランクを用い、かつ、人の力により運転する二輪以上車(レールにより運転する車を除く)であって、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のもの(人の力を補うための原動機を用いるものであって、内閣府令で定める基準に、該当するものを含む)をいう」と定義されています。つまり、自転車は「軽車両」の一種で、「軽車両」は「車両」の一種で、結局のところ、自転車は「自動車の仲間」という位置づけになっています。したがって、「自動車の仲間」である自転車は、「通行区分」においては、「歩車道の区分がある道路では、自転車は、車道の左側部分の左側端に寄って通行しなければならない」こととなっています(道路交通法第17条第1項・4項、第18条第1項)。

しかし、その一方で、自転車と自動車の衝突事故が増加し、車両相互の交通事故の多発類型の一つにもなったことなどから、「路側帯」が設置されている場合は一定の条件下で自転車の「路側帯」通行を認めたり(法第17条の2)、「自転車の歩道通行可」の歩道での通行を認めたり(法第63条の4第1項第1号)、あるいはまた、13歳未満の子どもおよび70歳以上の高齢者、身体障害者の自転車の歩道通行を認める(法第63条の4第1項第2号)という、いわば、通行区分の「原則」に反する例外条項を一部改正によって追加新設するということを行ってきました。その結果、自転車利用者の圧倒的多数の「自転車の交通ルール」に関する理解・認識に混乱を招き、あげく、自転車利用者の無法ぶりが目立つようになり、歩道通行の自転車が、歩行者に衝突し、歩行者を死傷させる事故が増加するという憂慮すべき状況をも生じるに至りました。このような状況を受けてか、警察等では、「自転車は車両、車道の左側端通行」という現行・道路交通法の原則規定を改めて強調するキャンペーンを展開するなどの対応策を推進していますが、自らの安全確保を優先せざるを得ない自転車利用者の圧倒的多数が長年にわたって慣行としてきた「歩道通行」は依然として大勢を占めているのが実態です。そこでか、車道外側線と歩道縁石との間にある、いわゆる「路肩」スペースの路面を青色等で塗装したり、青色等の矢印表示をペイントするなどしたりして自転車の通行スペースを確保することも試みていますが、そうした試みも極めて限られた区間・数量にとどまっていますので、自転車利用者の圧倒的多数が慣行としてきた「歩道通行」を解消するにはほとんど寄与していないのが実情です。

そのためか、先に紹介した「自転車活用推進計画」にも、「自転車通行空間の計画的な整備の促進」が謳われています。しかし、現行・道路交通法には、「自転車の通行の用に供するため、縁石線又はさくその他これに類する工作物によって区画された車道の部分」という「自転車道」の定義(法第2条第1項第3号の3)が明確に規定されているのです。にもかかわらず、「自転車活用推進計画」で改めて「自転車通行空間の計画的な整備の促進」を謳わざるを得ないのは、本来、歩道や車道と同程度に整備されて然るべき「自転車道」、道路交通法にも明確に定義・規定されている「自転車道」の整備がほとんどと言っても過言でないほど為されてこなかった、その証左であると思わざるを得ません。ですから、真の問題点は、道路交通法上に、その定義まで明確に規定してあるのに、「自転車道」の整備は、なぜ、事実上置き去りにされてきたのか・・・ですが、その問題の根源は、道路交通法上、自転車は「車両」の一種である「軽車両」の一つ、つまり、「自動車の仲間」という考えにあると思います。すなわち、「自動車の仲間」である限り、「車道(の左側端)通行」が大原則ですから、自転車専用の通行スペースとなる「自転車道」の敷設・整備は財政的理由からしても二の次、三の次にならざるを得ず、結果、「自転車道」の敷設・整備が置き去りにされてきた―、それが実情ではないかと思うのです。

したがって、新たに「自転車活用推進法」を制定・公布し、その法に基づく「自転車活用推進計画」で「自転車通行空間の計画的な整備の促進」を明記したとしても、現在の国や都道府県等地方公共団体の厳しい財政状況等を勘案すれば、「自転車通行空間の計画的な整備」がこれまで以上のスピードで促進されていくことは到底、思い描けないのです。したがって、「自転車通行空間」というよりも、道路交通法に明確に定義・規定されている「自転車道」を、車道や歩道並みに敷設・整備していくことが本筋だと考えますが、「自転車道」や「自転車通行空間」、そのいずれでも構いませんが、それを実現していくためには、やはり、自転車は「自動車の仲間」という現行の道路交通法上の定義づけが大きなネック、ブレーキになると考えます。したがって、「自転車の活用」を推進していくためには、自転車を「自動車の仲間」とする従来からの枠組みから解き放ち、歩行者や自動車と併存する道路交通パートナーとして独立した「市民権」を与えることが絶対条件だと考えます。すなわち、少なくとも今後の道路交通は、歩行者と自動車、そして自転車を加えた三者を主体とする構図を構想するべきなのです。この実現のためにも、運用上の規制緩和や一部改正という「つぎはぎ繕い」的補修ではなく、半世紀以上も前の旧時代の「クルマ社会」を基に制定・施行され、「ボロ着・古着」となっている現行・道路交通法を潔く脱ぎ捨て、今後の新たなクルマ社会に十分に対応できる全く新たな道路交通法を策定し、制定・施行することこそが本筋の課題だと切に思うのです。その上、今後の新たなクルマ社会は、これまでの「クルマ社会」とは全く異次元の、ドライバー不要の無人運転の自動車が実用化されるという大革命も迫っていることを勘案すれば、全く新たな道路交通法の策定、制定・施行は、もはや時間的猶予がない緊急課題であることも敢えて申し添えて、まずは本稿の結びとします。
(2018年8月20日)

ページトップ

最新の「シグナル交通安全雑記」へ戻る

バックナンバー

第119回
せっかくの新法も、国民一般への広報・周知が疎かにされれば「絵に描いた餅」にすぎなくなる。「自転車活用推進法」の問題点・・・
第118回
クルマ社会の大革命―自動運転(走行)車の実用化が迫っている今、半世紀以上も前に制定された道路交通法の大改革が必要不可欠・・・No.3
第117回
クルマ社会の大革命―自動運転(走行)車の実用化が迫っている今、半世紀以上も前に制定された道路交通法の大改革が必要不可欠・・・No.2
第116回
クルマ社会の大革命―自動運転(走行)車の実用化が迫っている今、半世紀以上も前に制定された道路交通法の大改革が必要不可欠・・・
第115回
道路交通法の「安全運転義務」を緩和するだけで「レベル3」相当の自動運転(走行)車の実用化を促進するのは拙速・乱暴な方策だ・・・
第114回
次代を担う子供のかけがえのない命を社会全体で交通事故から守るには、事故発生状況を分析し、特徴等を的確に把握することが出発点となる・・・
第113回
次代を担う子供のかけがえのない命を社会全体で交通事故から守ること、その重要性・必要性が一層高まっているが、諸対策は進捗していない・・・
第112回
関連法の整備、国民・ユーザーへの周知・理解を得る動き等が鈍いまま性急に突き進む「自動走行車」実用化の動きに再び危惧を呈する・・・
第111回
問題ではないのか―、交通事故は半減、死者数も激減しているのに、「類型別」発生状況の基本的構図に変化が認められないのはなぜか・・・
第110回
全国の交通事故死者数、68年ぶりに最少記録を更新、慶事ではあるが、にわかには信じ難い「怪」記録である側面にこそ考慮・・・
第109回
最高速度・規制速度の見直し、ようやく着手、そも、現行法の速度規定が半世紀以上も前の遺物なのが根本的問題・・・
第108回
EV・FCV、自動走行車の実用化は道路交通史上の大革命、 なのに消費者・市民は「蚊帳の外」では無用の混乱と弊害を招く・・・
第107回
関連法等の抜本的改正など社会的環境整備の進捗状況が見えぬままに進められる「自動走行」実現化に向けた実証実験等性急な動きを懸念・・・
第106回
夜間の歩行者の死亡事故防止は重要課題だが、その解決のためにも、なぜ、日本は歩行中の死者数の割合が高いのかの検証が必要不可欠・・・
第105回
交通安全対策は国・政府の責務、警察主導の交通安全対策を憂う・・・
第104回
これでいいのか、企業等「組織」の業務上過失致死傷罪は無罪放免?・・・
第103回
「自動運転車」の実現化、そんなに急いで大丈夫なのか・・・
第102回
「高齢者講習」や「認知機能検査」の予約を取るのが大変だ!?・・・
第101回
「人対車両」の事故と「歩行中」の事故との違いについて考える・・・
第100回
「自動運転の実用化」にかかわる関連法整備上の問題点・・・
第99回
交通安全、「喫緊の課題」について考える・・・
第98回
果たして、高齢ドライバー対策は今後の交通安全問題の核心なのか・・・
第97回
首相指示「喫緊の課題」、高齢ドライバーの事故防止対策について・・・
第96回
「高速道の最高速度110キロ試行」に関連して・・・
第95回
「日本の自転車交通の混迷」を読んで・・・
第94回
「自動運転」車開発の現状と課題を考える・・・No.3
第93回
「自動運転」車開発の現状と課題を考える・・・No.2
第92回
「自動運転」車開発の現状と課題を考える・・・
第91回
第10次「交通安全基本計画」を点検する・・・No.3
第90回
第10次「交通安全基本計画」を点検する・・・No.2
第89回
第10次「交通安全基本計画」を点検する・・・
第88回
「観光バス事故」の惨劇に続いてトラックのトンネル火災事故、いずれも「規制緩和」による深刻な副作用、関係当局の対応に疑義あり・・・
第87回
続発する「観光バス」事故から見える「安全第一」の空念仏を嘆く・・・
第86回
2015年、「第9次交通安全基本計画」の目標は達成できずに終わった・・・
第85回
「小樽飲酒ひき逃げ事件」札幌高裁控訴審判決について考える・・・
第84回
繰り返される特設自転車レーンの「社会実験」、いまさら何を検証する?
第83回
ブレーキとアクセルの踏み違い等「操作不適」事故について考える・・・No.2
第82回
ブレーキとアクセルの踏み違い等「操作不適」事故について考える・・・
第81回
国民の「安全」にかかわる2つの厄介な問題について考える・・・
第80回
自転車悪質運転に「安全講習」が義務化されたが・・・
第79回
4年に1度、変則5月実施の春の全国交通安全運動・・・
第78回
人身事故は確かに減少しているが物損事故はどうなっているのか・・・
第77回
道路交通法の一部改正の動向とその問題点の根源を考える・・・
第76回
高齢運転者の認知症検査強化策を考える・・・
第75回
交通安全対策の根源的糧となる交通事故統計にまとわる疑義・・・
第74回
「安全運転義務違反」による事故、その問題点等を考える・・・
第73回
「冬道の安全運転」に対する関心が薄れているのではないかと懸念する・・・
第72回
自転車の安全対策、本気と抜本策が求められる・・・
第71回
「自動車運転死傷行為処罰法」について考える・・・No.4
第70回
「自動車運転死傷行為処罰法」について考える・・・No.3
第69回
「自動車運転死傷行為処罰法」について考える・・・No.2
第68回
「自動車運転死傷行為処罰法」について考える・・・
第67回
減少し続ける「子ども人口」、子どもの安全を守ることの重要さを考える・・・
第66回
高齢者の交通事故死傷者の実態を検証しておこう・・・
第65回
「安全思想」、「安全文化」を考える・・・
第64回
都心に45年ぶりに25cm以上の積雪、「冬道」運転のイロハ無知を嘆く・・・
第63回
2013年の全国死者数、前年に引き続き4,500人を割り込んだ・・・
第62回
「24時間死者数を3,000人以下とする」という目標は達成できるか・・・
第61回
危険運転の罰則強化、「自動車運転」だけを特別視する風潮に疑義・・・
第60回
高齢ドライバーの事故実態、一律に危険視するのは非常に問題!
第59回
「秋の全国交通安全運動」を機に、再び「手上げ横断」の奇怪を問う!
第58回
「世界一安全な道路交通を実現する」という達成目標に黄信号!?
第57回
再び、スピード規制とスピード違反取締りの問題点について考える・・・
第56回
事故実態と無縁な「スピードの出しすぎ注意!」について物申す・・・
第55回
道路交通法と道路運送車両法の整合性について考える・・
第54回
再び、「自転車の交通ルール」の不可解を考える・・・
第53回
通行空間が未整備では、罰則強化等で自転車の安全確保はできない・・・
第52回
61年ぶりに4,500人を下回った全国の輪禍死者、国際的にみると・・・
第51回
「冬型交通事故」の実態と「冬道」安全運転の課題 No.4
第50回
「冬型交通事故」の実態と「冬道」安全運転の課題 No.3
第49回
「冬型交通事故」の実態と「冬道」安全運転の課題 No.2
第48回
「冬型交通事故」の実態と「冬道」安全運転の課題
第47回
東京都自転車対策懇談会の提言を考える・・・
第46回
本末転倒、枝葉末節すぎる「自転車の押し歩き推奨」対策・・・
第45回
「近代刑法貫く『意思責任』、結果軽視の弊害、修正を」を考える・・・
第44回
「危険運転致死傷罪」、「自動車運転過失致死傷罪」を考える・・・
第43回
あふれる「安全第一」のスローガンと、安全対策のギャップを埋めない限り・・・
第42回
交通安全指導に当たる者は、まず自らしっかり「ルール」を学習せよ!
第41回
唖然!「飲酒検出値偽造による検挙」、交通取締りの原点を確認せよ・・・
第40回
交通事故、「類型別」発生状況の不可解・・・
第39回
東日本大震災をはじめ多くの災害に見舞われた2011年だったが・・・
第38回
冬道でのスリップ追突事故の実態から学ぶ安全運転のポイント
第37回
大震災の被災地にも冬将軍が襲来、冬道での安全運転を願って・・・
第36回
陳腐で難解な「自転車の交通ルール」を再び検証する・・・
第35回
一般道をブレーキ装置がない「ピスト」で疾走する自転車集団暴走族・・・
第34回
自転車道や自転車通行帯に一方通行を導入する予定だそうだが・・・
第33回
大災害による悲惨な惨状と「なでしこジャパン」が教えてくれたもの・・・
第32回
大震災から露呈された「安全問題」はいまだに虚しく空回りしている・・・
第31回
未曾有の大震災から露呈された「安全問題」の課題を探る・・・No.2
第30回
未曾有の大震災から露呈された「安全問題」の課題を探る・・・
第29回
「安全運転義務違反」による事故の増加、その問題点と課題を探る・・・
第28回
減少し続ける全国の交通事故死、その現状に潜む課題を探る・・・
第27回
最多の事故類型、追突事故の意外な実態と事故防止のポイント・・・
第26回
無知なのか、怠慢なのか、放置される違反自転車摘発の根本問題・・・
第25回
「居眠り運転」の不可解・・・
第24回
「走るコンピューター」と化したクルマに潜む未知の危険・・・
第23回
「事業仕分け」で改善勧告を受けた全日本交通安全協会の事業・・・
第22回
困ったもんだよ、警視総監の「手上げ横断」セレモニー・・・
第21回
交差点での事故防止対策こそ、交通事故の減少を図る決め手・・・
第20回
先進的なハイテクにこそ、予期できぬ未知の危険が潜在している・・・
第19回
年間死者数2,500人以下を目指す、その具体的施策が見えない・・・
第18回
新政権に望む、半世紀も前につくられた道路交通法の抜本的見直し・・・
第17回
ドライバーに「安全運転教育」のニーズが不足しているのはなぜか・・・
第16回
民主党圧勝し政権交代、どうなる「高速道路無料化公約」・・・
第15回
新スタートした高齢運転者の免許更新時講習等の不可解・・・
第14回
危険運転致死傷罪認定の危うさ・・・
第13回
遅すぎる道路交通法の一部改正に伴う施行規則の改正作業・・・
第12回
交通事故死は激減しているが、関係機関・団体の財源も激減・・・
第11回
社会状況が未曾有の暗転をしたなか、交通事故死は激減したが・・・
第10回
交通事故死は激減、交通事故も減少に転じたが・・・
第9回
交通事故も減少しているが、安全活動財源も年々目減りしている・・・
第8回
シグナル・ブックレット・シリーズ、ようやく発行・・・
第7回
シグナル・ブックレット・シリーズ刊行・・・
第6回
交通事故死が激減して幸いだが、なぜかが不明なのが問題・・・
第5回
何か変、道路交通法の一部改正が施行・・・
第4回
事故現場からの警告者・故加藤正明氏を偲ぶ
第3回
事故回避の実行力、安全運転を確保するためのテクニック
第2回
雑記 第2回
第1回
雑記 第1回

ホームへ戻る