• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2018年8月23日

ホームページの内容を一部リニューアルしました。トップページに掲載されていた「シグナル交通安全雑記」は、交通安全時評内でお読みいただけます。

最終更新日:2018年9月25日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全時評>
  • シグナル交通安全雑記
  • 【第64回】

交通安全時評

バックナンバーはこちら

zakki_no064.gif

2月7日、気象庁は急速に発達した低気圧の影響で、2月8日未明から9日にかけて関東甲信の広い範囲で大雪のおそれがあるとして警戒を呼び掛けていましたが、ほぼその予報通り、2月8日、東京都心では45年ぶりになるという積雪25cm以上の記録的大雪となって、道路や鉄道、空港等の交通機関機能がマヒし、都民らの生活や経済活動に大きなダメージを与えたことが報道されました。また、その一週間後には関東・首都圏のみならず関西方面などでも大雪に見舞われ、広域にわたる交通機関機能がマヒ、多くの人々の生活や経済活動に大きなダメージを与えたというニュースが新聞やテレビ等で連日報道されました。その中でも「雑記子」は、首都圏等の主要幹線道路や高速道路など多くの道路で、いわゆる「スリップ事故」が多発し、死亡者も出た―との報道に気を奪われ、言い知れぬ「情けなさ」に襲われました。新聞等の報道ではその詳細が伝えられませんが、テレビで報道された映像を見る限り、そうした「スリップ事故」のほとんどが、大雪が予想される中、あるいは大雪降雪中、「夏タイヤ」のままで走行し、「スリップ事故」に至ったものであることに、「冬道運転」に伴う危険、そのイロハすら知らない無知なドライバーが多いのか・・・と嘆かざるを得ない「情けなさ」を禁じ得なかったということです。

もっとも、今回の大雪は、東京都心での「45年ぶり」と言われる稀有な25cm以上の積雪だったということもあり、東北や北海道などの、いわゆる「降雪・寒冷地」でも、積雪25cmほどにもなる大雪降雪時には「スリップ事故」が多発することも少なくありませんので、都心での「スリップ事故の多発」は、無理からぬことともいえます。しかし、そのほとんどが「夏タイヤで走行してスリップ事故」という点が問題なのです。東北・北海道などの降雪寒冷地での「スリップ事故」でも、初冬期に「夏タイヤで走行してスリップ事故」というケースが稀にありますが、そんなケースは、不用意な愚かしい事故と非難されるのが当然ですが、首都圏等、いわゆる「降雪・寒冷地」以外の地域では、その「不用意な愚かしい」行為をするドライバーが多大にいることに強い驚きを感じるのです。しかも、今回の記録的な大雪時のみならず、首都圏等では、積雪数センチ程度の降雪時にも「スリップ事故」が多発していますが、そのほとんどが、やはり、「夏タイヤのままで走行してのスリップ事故」で、「冬道」、多分、首都圏等では「冬道」という表現はほとんどなじみなく、「雪道」というのが一般的なのでしょうが、その「雪道」を夏タイヤのままで走行するというのは、降雪寒冷地のドライバーからすれば「冬道走行」に伴う危険のイロハをも知らない、無知による無謀行為の極みと言われて当然のことですが、首都圏等ではそうした無知・無謀なドライバーがかくも多くいることに驚きと「情けなさ」を禁じ得ないのです。しかし、我が国では、東北・北海道などの、いわゆる典型的な降雪寒冷地以外の地域でも、沖縄を除いたほぼ全域で、稀有なこととはいえ、時には降雪に見舞われることもある、ということは過去にも何度となく繰り返され経験済みのことだったはずです。にもかかわらず、「冬道(雪道)の安全走行」は、いまだ「ローカルな問題」という認識にとどまっている、そのことに懸念を抱かざるを得ません。そこで本稿では、いわゆる降雪寒冷地以外に居住するドライバーのために、改めて、冬道(雪道)での安全運転のイロハを述べておきたいと思った次第です。

まず、冬道(雪道)を安全に走行するための絶対条件は「夏タイヤのままで走行しない」ということです。言い換えれば、冬道(雪道)を走行するときは、あるいはまた、降雪が予想される場合は、必ず冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)を装着して走行するということです。ただ、現実問題として、特に首都圏等、降雪がめったにない地域のドライバーが少なからぬ出費を要する冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)を常備しておくことは無理であることも確かです。したがって、冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)に履き替えることができない場合は、夏タイヤのままでの冬道(雪道)走行は絶対に中止すること、これが鉄則です。

なお、万一やむを得ず夏タイヤで冬道(雪道)を走行せざるを得ない場合は、タイヤチェーンを装着して走行する、これが必須条件です。ただし、タイヤチェーンは駆動輪のみに装着するものですから、全輪に冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)を装着した場合に比べても走行の安定性が悪く、特に凍結路面(アイスバーン、氷盤路面)では、ちょっとしたきっかけで「横滑り」することがあり、かつ、一旦、「横滑り」すると制御が極めて困難になる―という欠点がありますので、その点を十分に認識し、慎重な運転に徹することが肝要です。また、東北・北海道などの降雪寒冷地では、少なくとも、普通乗用車で夏タイヤにタイヤチェーンを装着して冬期間中走行し続ける者は皆無というほどの状況にあり、また、タイヤチェーンを携行している者も極めて少なく、携行している場合でも、それはあくまでも緊急時の脱出用具、つまり、深雪や轍等の溝にタイヤを取られた場合の脱出用具として携行しているもので、冬道(雪道)を走行するための常備品ではありません。したがって、タイヤチェーンを装着しての長距離・長時間走行は極力避ける―というのが常識ですから、この点も正しく認識しておきたいものです。

いずれにしても、重ねて強調しておきますが、「冬道(雪道)安全運転」の絶対条件は「夏タイヤのままで走行しない」ということです。また、たとえ、夏タイヤにチェーンを装着しても冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)の代替えにはならず、あくまでも緊急時の一時的な避難用具にすぎない―ということを周知・徹底認識することが肝要です。そこで次に、夏タイヤのままでの冬道(雪道)走行が、なぜ、危険なのか・・・、この最も肝心な点について述べます。端的に言えば、夏場の舗装乾燥路面でのタイヤと路面の摩擦係数(滑りやすさ)と、積雪・圧雪路面または凍結路面でのタイヤと路面の摩擦係数(滑りやすさ)に大きな違いがあるということです。ちなみに、夏場の舗装乾燥路面でのタイヤと路面の摩擦係数(滑りやすさ)は0.9から0.7μ(ミュー)とされていますが、冬の圧雪路面では、スタッドレスタイヤでも0.4から0.2μで、舗装乾燥路面に比べ3分の1ほどもグリップ力が弱くなります。また、凍結路面(アイスバーン、氷盤路面)では、スタッドレスタイヤでも0.2μ以下となり、舗装乾燥路面に比べ5分の1以下のグリップ力しか得ることができません。ですから、夏タイヤでは冬の積雪・圧雪路面や凍結路面では、どんな「腕前」を持つドライバーでも、舗装乾燥路面と同様な発進、加速、コーナリング、制動は不可能、ということです。だからこそ、「雪道」を夏タイヤのままで走行するというのは、「冬道走行」に伴う危険のイロハをも知らない、無知による無謀行為の極みということになるのです。

次に、今や、冬タイヤ=スタッドレスタイヤともなっているスタッドレスタイヤについて、その特性等を紹介しておきましょう。年配のドライバーであれば、かつては、冬タイヤと言えば、夏タイヤ、もしくは、スノータイヤ(夏タイヤとほぼ同じ素材ですが、タイヤに刻み込まれる溝を深く、大きくしたもの)にスパイク(鋼鉄ピン)を打ち込んだ「スパイクタイヤ」に限られていましたが、その鋼鉄ピンが雪や氷が解けたりして露出している舗装路面を削り取り、路面の損傷をもたらしたり、また、削り取られた舗装素材が粉塵となって大気環境を悪化させたり、その粉塵の微粒子が人々の肺に吸い込まれ健康被害をもたらすという、いわゆる環境汚染の元凶になったことにより、スパイクタイヤ規制の市民運動等が起こり、結局、1991年にスパイクタイヤの販売禁止と積雪路面・凍結路面以外でのスパイクタイヤの使用禁止が法制化されました。そのスパイクタイヤに代わって冬タイヤとして登場したのがスタッドレスタイヤです。当初はスパイクレスタイヤとも呼称されていましたが、最終的にはスタッドレスタイヤという呼称に統一され、今日に至っています。そのスタッドレスというのはスタッド(鋼鉄ピン)が無いという意味ですが、ただ単に鋼鉄ピンが打ち込まれていないというだけではなく、夏タイヤなどに使われるゴムは低温になると弾力性が失われ硬化しますが、スタッドレスタイヤは低温になってもゴム質が硬化しない特殊配合のゴム素材を使い、かつ、トレッドパターンやその深い溝切りを工夫し、路面上の積雪をしっかりグリップして固め、固めた雪をもぎ取って投げ出す力(雪柱せん断力)を優れたものにしています。したがって、今回の首都圏等での大雪による積雪路面では十分にその機能を発揮できるはずで、スタッドレスタイヤでの「冬道」走行に習熟している降雪寒冷地のドライバーの多くであれば、あれほどの渋滞や立ち往生、スリップによる事故を招くことはなかったと思います。とはいえ、念のため、申し添えますが、スタッドレスタイヤを装着しさえすれば、誰もが夏場と同様の走行ができるというものでは決してありません。

先に紹介したように、スタッドレスタイヤを装着したとしても、雪面路でのタイヤと路面の摩擦係数(滑りやすさ)は0.4から0.2μ(ミュー)で、舗装乾燥路面に比べ3分の1ほどもグリップ力が弱くなります。夏場と同様の感覚でアクセルを踏み込めば、駆動輪はたちどころに空回り(空転スリップ)し、発進不能に陥ります。また、夏場と同様の感覚でブレーキを踏み込めば、タイヤの回転が止まって(車輪ロックし)、タイヤは虚しく雪面路を滑走し(滑走スリップし)、進路のコントロールが不能に陥ります。したがって、雪面路等の「冬道」を走行するためには、「スタッドレスタイヤを装着する」というのが絶対条件ですが、「冬道」運転に特有のアクセルワークやブレーキング等を習得し駆使することも必要不可欠の条件となります。スペースの関係でこの稿では、その詳細は紹介できませんが、「冬道」運転に特有のアクセルワークやブレーキング等のポイントを簡潔に、かつ、わかりやすく言えば、今、盛んに推奨されている「エコドライブ」の運転技法とほぼ同様です。すなわち、(1)アクセルを徐々に踏み込みゆっくり発進、(2)発進したら徐々に加速、(3)一定速度を保って走行、(4)減速するときは、まずアクセルを戻す、(5)ブレーキを徐々に踏み込んで停止する、以上の「エコドライブ」のための5つの運転技法ポイントが、ほぼそのまま、「冬道」運転に特有のアクセルワークやブレーキング・テクニック等になります。したがって、めったに降雪に見舞われることがない、いわゆる降雪寒冷地以外のドライバーといえども、日ごろから「エコドライブ」を実践し、そのための運転技法が「冬道」に特有な運転操作ポイントと大差ないということを正しく理解しさえしておけば、たまたま見舞われた降雪時にも、スタッドレスタイヤを装着しさえすれば、安全走行が十分に可能になる―ということを強調しておきたいと思います。なお、念のため、雪面路や凍結路で発進時に駆動輪が空転スリップして発進できない―というのは、駆動力が弱すぎたのではなく、逆にアクセルを踏み込みすぎて、タイヤと路面の摩擦力よりも駆動力の方が上回った結果、タイヤが路面をグリップできなかったからで、さらにアクセルを踏み込むのは愚の骨頂で、ただちにアクセルを戻すことが正しい処置法です。また、ブレーキを踏んで横滑りや滑走スリップした時も、さらにブレーキを踏み込み、むやみにハンドルを操作して進路をコントロールしようとするのも愚の骨頂、ただちにブレーキを戻してから、ハンドルでの進路修正をする―というのがポイントです。つまり、ブレーキとハンドルの同時操作は危険操作の典型としっかり認識しておくことが必要です。

さらに参考のため、スタッドレスタイヤは、雪面路ではその柔らかなゴム質や工夫されたトレッドパターンの溝によって路面上の雪をグリップして駆動力や制動力を得ることができますが、路面上に雪がない凍結路(アイスバーン、氷盤路)では、どのようにしてグリップ力を得ているのか・・・、その点についても簡潔に紹介しておきましょう。スタッドレスタイヤを「冬道」で効果的に使いこなすためには、スタッドレスタイヤの特性・機能を正しく理解しておくことも大切な必要条件の一つでもあるからです。まず、タイヤと路面の摩擦力をより強く得るためには、タイヤと路面の密着性を高めることが重要なポイントの一つです。その典型的な例がレースカーに使用されるタイヤです。これを見知っている人も少なくないと思いますが、レースカーに使用されるタイヤは幅広いうえに、接地面に溝がまったくない、いわゆる「坊主タイヤ」で、これは、タイヤと路面の密着性を最大限に高めるために選択された技法です。路面上に雪がなく、トレッドの溝で路面上の雪をグリップすることができない凍結・氷盤路でスタッドレスタイヤが路面との摩擦力(グリップ力)を得るために取り入れられている技法の第一が、レースカーのタイヤにも用いられているこの「タイヤと路面の密着性を高める」という技法で、スタッドレスタイヤは、特殊配合のゴム素材を使用し、寒冷時にもゴム質の柔らかさが保てるようにすることで路面との密着性を高めているほか、タイヤ表面に無数の細かな切り込み(サイピング)を入れ、接地面を大きくする工夫もなされています。

また、このサイピングはその細かな角で氷盤上の細かな突起をひっかく「エッジ効果」も発揮します。なおまた、タイヤと路面の密着性を高めることでより強い摩擦力(グリップ力)を得ることができますが、タイヤと路面との間に水が入れば、たちどころに密着性と摩擦力が失われ、非常にスリップしやすい危険なタイヤということになってしまいます。ですから、雨の日には、「坊主タイヤ」でのカーレースは行われませんし、我々が使用している一般車のタイヤ、いわゆる「夏タイヤ」にもその表面に溝が刻まれ、それによって「水はけ」を行って密着性と摩擦力を得ているわけですが、凍結・氷盤路でも、回転するタイヤの熱が氷盤の表面の氷を溶かし、それが水膜となってタイヤと路面の間に入り込み、密着性と摩擦力を阻害します。スタッドレスタイヤは、これを防ぐために、先に述べたサイピングの溝が水膜を取り込む機能をも有しているほか、タイヤ表面に無数の小さな気泡(穴)を設け、それに融氷水を取り込む「発泡ゴム」を使用しているものもあります。スタッドレスタイヤは、以上のさまざまな機能によって凍結・氷盤路でも相応のグリップ力を得て安全走行ができるようになっているのです。しかし、先にも紹介したように、そのスタッドレスタイヤをもってしても、凍結路面(アイスバーン、氷盤路面)でのタイヤと路面の摩擦係数は0.2μ(ミュー)以下となり、舗装乾燥路面に比べ5分の1以下のグリップ力しか得ることができませんので、先に述べた「冬道」運転に特有のアクセルワークやブレーキング等をしっかり習得し、駆使することが必須条件であることは言うまでもありません。

以上、今日、唯一の「冬タイヤ」といえるスタッドレスタイヤの特性・機能等について長々と述べてきましたが、それも、先頃の首都圏等での大雪が決して今冬限りのことではなく、今後も起こり得ることを考えれば、「冬道の安全運転」をローカルな問題としている限り、安倍政権のいう「国土強靭化」も中途半端なものにならざるを得ないと懸念するからにほかなりません。少なくとも、降雪・大雪の中、夏タイヤのままで「冬道」(雪道・凍結路)を走行する―という愚だけは一掃する方策を早急に検討・実施してもらいたいと切に願うものです。
(2014年2月20日)

ページトップ

バックナンバー

第117回
クルマ社会の大革命―自動運転(走行)車の実用化が迫っている今、半世紀以上も前に制定された道路交通法の大改革が必要不可欠・・・No.2
第116回
クルマ社会の大革命―自動運転(走行)車の実用化が迫っている今、半世紀以上も前に制定された道路交通法の大改革が必要不可欠・・・
第115回
道路交通法の「安全運転義務」を緩和するだけで「レベル3」相当の自動運転(走行)車の実用化を促進するのは拙速・乱暴な方策だ・・・
第114回
次代を担う子供のかけがえのない命を社会全体で交通事故から守るには、事故発生状況を分析し、特徴等を的確に把握することが出発点となる・・・
第113回
次代を担う子供のかけがえのない命を社会全体で交通事故から守ること、その重要性・必要性が一層高まっているが、諸対策は進捗していない・・・
第112回
関連法の整備、国民・ユーザーへの周知・理解を得る動き等が鈍いまま性急に突き進む「自動走行車」実用化の動きに再び危惧を呈する・・・
第111回
問題ではないのか―、交通事故は半減、死者数も激減しているのに、「類型別」発生状況の基本的構図に変化が認められないのはなぜか・・・
第110回
全国の交通事故死者数、68年ぶりに最少記録を更新、慶事ではあるが、にわかには信じ難い「怪」記録である側面にこそ考慮・・・
第109回
最高速度・規制速度の見直し、ようやく着手、そも、現行法の速度規定が半世紀以上も前の遺物なのが根本的問題・・・
第108回
EV・FCV、自動走行車の実用化は道路交通史上の大革命、 なのに消費者・市民は「蚊帳の外」では無用の混乱と弊害を招く・・・
第107回
関連法等の抜本的改正など社会的環境整備の進捗状況が見えぬままに進められる「自動走行」実現化に向けた実証実験等性急な動きを懸念・・・
第106回
夜間の歩行者の死亡事故防止は重要課題だが、その解決のためにも、なぜ、日本は歩行中の死者数の割合が高いのかの検証が必要不可欠・・・
第105回
交通安全対策は国・政府の責務、警察主導の交通安全対策を憂う・・・
第104回
これでいいのか、企業等「組織」の業務上過失致死傷罪は無罪放免?・・・
第103回
「自動運転車」の実現化、そんなに急いで大丈夫なのか・・・
第102回
「高齢者講習」や「認知機能検査」の予約を取るのが大変だ!?・・・
第101回
「人対車両」の事故と「歩行中」の事故との違いについて考える・・・
第100回
「自動運転の実用化」にかかわる関連法整備上の問題点・・・
第99回
交通安全、「喫緊の課題」について考える・・・
第98回
果たして、高齢ドライバー対策は今後の交通安全問題の核心なのか・・・
第97回
首相指示「喫緊の課題」、高齢ドライバーの事故防止対策について・・・
第96回
「高速道の最高速度110キロ試行」に関連して・・・
第95回
「日本の自転車交通の混迷」を読んで・・・
第94回
「自動運転」車開発の現状と課題を考える・・・No.3
第93回
「自動運転」車開発の現状と課題を考える・・・No.2
第92回
「自動運転」車開発の現状と課題を考える・・・
第91回
第10次「交通安全基本計画」を点検する・・・No.3
第90回
第10次「交通安全基本計画」を点検する・・・No.2
第89回
第10次「交通安全基本計画」を点検する・・・
第88回
「観光バス事故」の惨劇に続いてトラックのトンネル火災事故、いずれも「規制緩和」による深刻な副作用、関係当局の対応に疑義あり・・・
第87回
続発する「観光バス」事故から見える「安全第一」の空念仏を嘆く・・・
第86回
2015年、「第9次交通安全基本計画」の目標は達成できずに終わった・・・
第85回
「小樽飲酒ひき逃げ事件」札幌高裁控訴審判決について考える・・・
第84回
繰り返される特設自転車レーンの「社会実験」、いまさら何を検証する?
第83回
ブレーキとアクセルの踏み違い等「操作不適」事故について考える・・・No.2
第82回
ブレーキとアクセルの踏み違い等「操作不適」事故について考える・・・
第81回
国民の「安全」にかかわる2つの厄介な問題について考える・・・
第80回
自転車悪質運転に「安全講習」が義務化されたが・・・
第79回
4年に1度、変則5月実施の春の全国交通安全運動・・・
第78回
人身事故は確かに減少しているが物損事故はどうなっているのか・・・
第77回
道路交通法の一部改正の動向とその問題点の根源を考える・・・
第76回
高齢運転者の認知症検査強化策を考える・・・
第75回
交通安全対策の根源的糧となる交通事故統計にまとわる疑義・・・
第74回
「安全運転義務違反」による事故、その問題点等を考える・・・
第73回
「冬道の安全運転」に対する関心が薄れているのではないかと懸念する・・・
第72回
自転車の安全対策、本気と抜本策が求められる・・・
第71回
「自動車運転死傷行為処罰法」について考える・・・No.4
第70回
「自動車運転死傷行為処罰法」について考える・・・No.3
第69回
「自動車運転死傷行為処罰法」について考える・・・No.2
第68回
「自動車運転死傷行為処罰法」について考える・・・
第67回
減少し続ける「子ども人口」、子どもの安全を守ることの重要さを考える・・・
第66回
高齢者の交通事故死傷者の実態を検証しておこう・・・
第65回
「安全思想」、「安全文化」を考える・・・
第64回
都心に45年ぶりに25cm以上の積雪、「冬道」運転のイロハ無知を嘆く・・・
第63回
2013年の全国死者数、前年に引き続き4,500人を割り込んだ・・・
第62回
「24時間死者数を3,000人以下とする」という目標は達成できるか・・・
第61回
危険運転の罰則強化、「自動車運転」だけを特別視する風潮に疑義・・・
第60回
高齢ドライバーの事故実態、一律に危険視するのは非常に問題!
第59回
「秋の全国交通安全運動」を機に、再び「手上げ横断」の奇怪を問う!
第58回
「世界一安全な道路交通を実現する」という達成目標に黄信号!?
第57回
再び、スピード規制とスピード違反取締りの問題点について考える・・・
第56回
事故実態と無縁な「スピードの出しすぎ注意!」について物申す・・・
第55回
道路交通法と道路運送車両法の整合性について考える・・
第54回
再び、「自転車の交通ルール」の不可解を考える・・・
第53回
通行空間が未整備では、罰則強化等で自転車の安全確保はできない・・・
第52回
61年ぶりに4,500人を下回った全国の輪禍死者、国際的にみると・・・
第51回
「冬型交通事故」の実態と「冬道」安全運転の課題 No.4
第50回
「冬型交通事故」の実態と「冬道」安全運転の課題 No.3
第49回
「冬型交通事故」の実態と「冬道」安全運転の課題 No.2
第48回
「冬型交通事故」の実態と「冬道」安全運転の課題
第47回
東京都自転車対策懇談会の提言を考える・・・
第46回
本末転倒、枝葉末節すぎる「自転車の押し歩き推奨」対策・・・
第45回
「近代刑法貫く『意思責任』、結果軽視の弊害、修正を」を考える・・・
第44回
「危険運転致死傷罪」、「自動車運転過失致死傷罪」を考える・・・
第43回
あふれる「安全第一」のスローガンと、安全対策のギャップを埋めない限り・・・
第42回
交通安全指導に当たる者は、まず自らしっかり「ルール」を学習せよ!
第41回
唖然!「飲酒検出値偽造による検挙」、交通取締りの原点を確認せよ・・・

ホームへ戻る