• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2018年8月23日

ホームページの内容を一部リニューアルしました。トップページに掲載されていた「シグナル交通安全雑記」は、交通安全時評内でお読みいただけます。

最終更新日:2018年9月21日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全時評>
  • クルマは今日も走っている
  • 【第146回】

交通安全時評

バックナンバーはこちら

クルマは今日も走っている ノンフィクション作家 矢貫 隆 第146回 久しぶりにビッグバイクを運転して、近年のバイク事故減少の理由がわかった気がした

ちゃんと運転できるのか

「イタリアのオートバイ、〇△×□に乗ってみないか」
 思いもよらないお誘いを受け、ここ10年ほどもオートバイから遠ざかっていたくせに、はい、ぜひお願いします、ツーリングにでかけてみます、とお言葉に甘えて広報車を借りだした。〇△×□といえばオートバイ乗りには“ど派手なイタリアンカラー”と“前傾姿勢”のイメージが強いのだけれど、試乗させていただいたのは、イメージとはまったく違って黒っぽい単色の、前傾しないタイプ。けれど、排気量1,200ccのエンジンが唸る音はまるで機関車のようでもあり、そこはイメージどおりのイタリア車だった。
 実を言うと、これ、ボクにとっては憧れのオートバイ、なのである。
 その昔、アメリカ製の、やはり1,200ccのオートバイを買ったとき、あっちもいいなァ、と悩んだ一台が問題のイタリア車だった。けれど、当時のあのメーカーの車種は(ボクが知る限り)どれもレーサーみたいな格好(運転姿勢)で乗るのが難だった。腰痛持ちだし、たとえそうでなくたって、あんな格好で交通量の多い都心を走ってたら疲れてしまう。というわけで諦めた因縁がある。ときが経ち、ボクにでも乗れる格好の車種が登場したと知り、そこに「乗ってみないか」のお誘いだったので飛びついたという次第。
 けれど、なのである。
 前傾姿勢しようがしまいが“カッ飛び”の印象が強いイタリア車である。大排気量である。アメ車を手放してからこっち、10年もビッグバイクに乗っていないボクである。と、これだけ条件がそろえば、お願いしますとお言葉に甘えたすぐあとで、大丈夫なんだろうか、ちゃんと運転できるのか、と不安になって当然だろう。日ごろから交通安全について講釈をたれているボクが、「不慣れなオートバイで事故」じゃ、しゃれにもならない。

話は単純ではない

 ご存じのとおりオートバイの事故が減っている。
 オートバイブームと呼ばれた時代の、たとえば1987年(昭和62年)、自動二輪車が第一当事者になった人身事故は2万件を超えていて(2万275件)、死亡事故の発生は1,219件だった。それから30年後、2017年に発生した人身事故は約1万2,000件も減って7,782件、死亡事故の発生は280件にまで減少している。その最大の理由は、言うまでもなくオートバイ人口の減少である。信号待ちのたびに交差点の先頭にオートバイがずらっと並ぶ。それが都心での日常の光景だったのが、まるで嘘のように数を減らしたオートバイ。それに加え、交通事故全体が激減傾向を続けるなかで、オートバイも……、というのも大きな理由のひとつになっているに違いない。けれど、『交通統計』を開いてみると、そこに現れた数字が「それだけで説明がついてしまうほど話は単純ではない」と言っていた。
 30年前の死亡事故は前述のとおり1,219件、それから4年後には1,000件を下まわり、10年後には半減(590件)していた。要は、1,219件発生していた時点で、すでに減少傾向は始まっていたのである。ところが、なのだ。「1万2,000人も減った」と前述した、死亡事故に限らない人身事故の発生件数は、実は、増減を繰り返しながら17年後(=2004年)まで多発(2万335 件)傾向を続けていて、確実な減少傾向を示しだすのは2万件を下まわった(1万9,880件)2005年(平成17年)以降のことなのだ。
 死亡事故とそうでない事故の、まるで異なる減り方の違い。これはいったいどういうことなのか!? 交通統計を開くたびに疑問には思っていたのだけれど、10年ぶりにビックバイクを運転してみて、その答えのほんの一部分ではあるけれど、何となくわかったような気がするボクなのだった。

何があっても転倒しないんじゃないか

 大排気量だし10年ぶりの運転だし、スタータースイッチを押したらエンジンはごう音を発するし、その時点で、ボクはオートバイの迫力に負け、ツーリングは無理かもと怖じ気づいていた。
 ところが、なのである。走りだしたとたん、えッ!? となった。えッ、と驚いたのは、拍子抜けするほど運転しやすかったからだ。気のせいじゃない。100メートルも進まないうちに、このオートバイ、すごく運転しやすい、と確信し、調子づいてひらりひらりとやってみた。10年ぶりだから下手くそで、アクセルの操作にちょっと失敗。大排気量だし、ずるッ、と滑るかと身構えたが、しかし、そうはならなかった。少しくらいの運転ミスは想定内とばかり、機械が乗り手のミスを修正してくれるらしい。短い距離ではあったけれど、高速道路も走ってみた。そして、やっぱり、そこでも驚いた。強い横風が吹いていて身体があおられるのがわかったけれど、そんな状況でもオートバイはびくともしないで真っ直ぐ走ってくれるのである。
 近ごろのオートバイ、すごいな、と実感した。速いとかパワーがあるとか、そういう意味ではない。乗り手に圧倒的な安心感が伝わってくるのだ。このオートバイ、何があっても転倒しないんじゃないかと錯覚するほどの安心感が伝わってくる。
 衝突安全性の高まりや衝突被害軽減ブレーキに代表される運転支援システムなど、自動車の安全技術が交通事故死者数を減らす大きな要因のひとつになっているとボクは本項で何度となく書いてきた。それと同じ意味で、近ごろのオートバイ技術の進歩はすごいとボクは思う。技術の進歩がオートバイ事故の減少に一役かったというデータを交通統計から読み取ることはできないけれど、実際に運転してみて実感した。前述の、10年ほど前から減少傾向に転じた「死亡事故に限らない人身事故」。その背景の一部には、オートバイ造りの技術の進歩があるに違いない、と。



筆者プロフィール

矢貫隆(やぬき・たかし)
1951年栃木県生まれ。龍谷大学経営学部卒。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど多数の職業を経て、ノンフィクション作家に。国際救命救急協会理事。交通問題、救急医療問題を中心にジャーナリスト活動を展開。『自殺─生き残りの証言』(文藝春秋)、『交通殺人』(文藝春秋)、『クイールを育てた訓練士』(文藝春秋)、『通信簿はオール1』(洋泉社)、『救えたはずの命─救命救急センターの10000時間』(平凡社)など、著書多数。


 

ページトップ

最新の「クルマは今日も走っている」へ戻る

バックナンバー

第147回
シートベルト着用を促す広報のしかたを少し変えるべきではあるまいか
第146回
久しぶりにビッグバイクを運転して、近年のバイク事故減少の理由がわかった気がした
第145回
「睡眠不足は乗務禁止」が、輸送の現場でどこまで実行されていくのか心配になる
第144回
減った客を増えたタクシーが奪い合う状況、タクシー問題のすべての根っこはここにある
第143回
子どもの交通安全のためには、なによりも大人に対する教育こそが必要だ
第142回
自転車問題の行き着く先に現れるのは、そう遠くない将来の取締り強化なのだろうか
第141回
雪道なのに"あれ"を見たボクは、"雪道に不慣れな東京"を痛感した
第140回
効果的な安全対策であるゾーン30には、もう少し積極的な広報があったほうがいい
第139回
信号のない横断歩道で車が止まらない理由は、マナーではなく、習慣の問題だ
第138回
地域の道路事情を詳細にチェックすることは、重大事故防止に残された策の一つだ
第137回
富士登山ツアーバスに乗ったボクは、その"安全第一の実態"にびっくりした
第136回
高速道路での路肩駐車の危険性について、徹底的に広報していく必要がある
第135回
高齢運転者対策で優先されるべきは、免許制度改正ではなく代替えの移動手段の整備だ
第134回
デーサービスの送迎を担当するすべての運転手にシートベルトに関する基本的な知識を教えるべきだ
第133回
トラックの運転支援システムの普及は、交通安全対策として着実に効果をあげていくだろう
第132回
ドライバーの"確認したつもり"のなかに、事故防止のヒントがありそうだと思えて仕方がない
第131回
小学校に通いだす新1年生を守るため、ドライバーが細心の注意を払ってやるのが当然だ
第130回
「高齢」だけに答えを求めていては、タクシーの安全対策を見誤りかねない
第129回
自分の運転を冷静かつ客観的に見ることができる―、そういうきっかけになる高齢者講習だったらいいな
第128回
罰則が強化されても飲酒運転と決別しない人たち―、これは、まさにいま現在の問題だ
第127回
高齢ドライバー事故を報じるメディアは、何よりもまず"21年間の無策"について批判すべきだ
第126回
夜間の歩行者事故を防止するためには、警察だけではない総合的な安全対策が必要だ
第125回
子ども乗せ自転車を運転する父親や母親を対象に、保育園や幼稚園で交通安全教育を行うべきだ
第124回
多くの人が"この程度"のことを知っているだけで、視覚障害者の危うさを少しは減らすことができるはずだ
第123回
高齢運転者対策としての改正道交法、これいいよね、とは、ボクは言えない
第122回
自動車技術の進歩の歴史は、事故を確実に減らしてきた歴史でもある
第121回
街に氾濫している危なっかしいシーンを更新時講習で見せるべきだ、とボクは思う
第120回
高速道路の最高速度引き上げ問題に今必要なのは、「とにかく、やってみる」ではあるまいか
第119回
トンネル事故を防ぐため、そこそこ長大なトンネルでも安全施設の充実、整備を向上させなければならない
第118回
観光バスの運転手は、昔のように"特別な職業"でなければならない
第117回
事故死者数はまたすぐに減少傾向に戻り、それがしばらくは続くことになるだろう
第116回
強引に「事故減」にもっていかなくても、「環状交差点」に優位性があるのに疑いはない
第115回
高速道路そのものが成熟してきたなか、対面通行に対する何かしらの安全策が必要だ
第114回
安全問題を解決するためには、ユニバーサルデザインの思想が必要だ
第113回
ボクを脅かした「猛スピードママチャリ」には、「自転車乗り」だという意識すらないのではないか
第112回
劇的に向上した交通安全対策に比べると、交通事故報道って、何だか、まだまだ、と感じるのはボクだけ?
第111回
交通事故裁判を傍聴したボクは、対策が厄介なケースがたくさんあるのかもしれないと思った
第110回
6月1日に施行された改正道交法は、自転車安全対策の重要なピースになっていくだろう
第109回
中高年ライダーのボクは、自分の身を守るため、疲れるほどに神経を使って交差点事故を防いできた
第108回
AEDの設置台数は劇的に増えているが、救命の基本は、やっぱりCPRである
第107回
自転車には総合的な安全対策が必要だが、「自転車ナビライン」は、その足掛かりになり得るものだ
第106回
劇的な効果が期待できる歩行者保護の対策がない以上、今は「あの手この手」で結果を出していくしかない
第105回
運転者の認知症で「生活の足」を失う人たちのために、タクシーの有効活用を考えてみてはどうだろう
第104回
この1年、交通安全で劇的に進歩したのは自動車の安全技術だけだった!?
第103回
合理的な高齢者講習の決定版など、現時点では誰も持ち合わせていないのではないか
第102回
先進ブレーキシステムの普及の結果にちょっと期待してもいいんじゃないか
第101回
危うい場所に対策を講じなければ、事故はまた起こる
第100回
都市部以外の幹線道路では、自転車が安心して走れるわけがない
第99回
人手不足だから免許区分の新設って、そんなの絶対におかしい
第98回
AEDの利用率は新聞報道よりも高いはずだが、利用しない人が大多数であることに違いはない
第97回
運転支援システムに代表される新技術は、交通安全対策として打つべき次の一手になり得るものだ
第96回
幼い子に交通安全を教えられる大人が大勢いなければいけないのだ
第95回
2度の危機一髪に遭遇したボクは、運転をなめている連中がまだいることを思い知った
第94回
ひとくくりに「自転車」で処理するのではなく、もっと詳細な区分を設けて自転車事故を調べるべきだ
第93回
事故死者数の減少傾向はストップするかもしれないが、長い時間を置くことなく再び減少に転じるだろう
第92回
ボクの"ドライバーの意識"説によれば、処罰法による事故防止効果に期待は持てない
第91回
新法成立の報道を見たボクは、ものすごく強い違和感を覚えて仕方なかった
第90回
高速道路で車外に出なければならないときは、「ここは一般道ではない」と自分に言い聞かせよう
第89回
「安全」と認識している場所が本当に安全か、子どもたちの通学路を改めて点検するべきだ
第88回
高速ツアーバスはやっと廃止になったが、運転時間制限はまだ不十分だとボクは思う
第87回
今は取り締まりについて議論するよりも事故死者激減の謎を早急に解明することが大切だ
第86回
ジョギングで思い知った「昔とは違う」という言葉をそっくりそのままリターンライダーに贈ることにしよう
第85回
2年半のタクシー乗務体験を終えたボクは、今後も「タクシーの安全」を書いていかなければ、と思った
第84回
老夫婦の車内での会話を聞いたボクは、自転車問題解決の糸口を見出した
第83回
「悪質」の実態を解明すれば、有効な自転車対策が浮かんでくるのではないか
第82回
危機一髪の事態を体験したボクは、「油断大敵」と何度も自分に言い聞かせた
第81回
交通安全対策の決定打が見つからないなか、それでも事故死者の減少傾向は続くだろう
第80回
新東名道の安全対策のノウハウは、今後の高速道路の補修・改修に反映されるべきだ
第79回
簡単な安全対策があるというのに、いまだに右直事故の割合が変わらず多いのは何故?
第78回
事業所での安全運転指導が、データに基づかない"感情論"ではマズイ!
第77回
運転が巧みか否かに関係なく、夕方の運転には事故につながる理由が山ほどある
第76回
ある交通安全映画を見て、ボクは、「子供は小さな大人ではない」と知った
第75回
路上で見かける幼い子どもたちは、大人が思いもかけない行動をすることがある
第74回
自分の行為が我が子に対していかに無責任か、気づいていない親たちには呆れるばかりだ
第73回
過当競争に一定の歯止めをかけなければ、重大事故は起こってしまう
第72回
後部座席でシートベルトを着用するのは、「義務」ではなくて、「権利」なのだ
第71回
身体機能を楽しくチェックできる場所があれば、免許更新は今よりもずっと意味のあるものになる
第70回
自転車の安全対策について考えていたら、「解剖なき医学」という言葉が頭に浮かんできた
第69回
それぞれの夢や希望があったはずの4,611人、その数をもっと減らさなくては―とボクは思う
第68回
あの派手な多重衝突事故は、高速道路を安全に走る基本を再確認させてくれた
第67回
そんなに信号を信用していると、いつか危うい目に遭うぞ、とボクは思う
第66回
「自転車は車道」が全国各地で徹底されたとき、自転車の安全問題はどうなっているだろうか
第65回
爆走する運転自慢の自転車乗りは、単純だけど重要なことに気づいていない
第64回
JFLの練習場にAEDがなかったなんて、まったく信じられないよ!
第63回
ドライバーのほとんどはスポーツサイクルの挙動を理解できていない
第62回
自転車乗りのマナーを向上させるためにボクが考えた新たなアイデアとは?
第61回
運転免許証の更新時講習では、誰もが驚く圧倒的な事実を教えるべきだ
第60回
窓ガラスを割る役目もあるシートベルトカッターは、津波などの水難事故のサバイバルの道具になり得る
第59回
地震による都心の大渋滞を体験したボクは、その安全対策を講じておく必要があると思った
第58回
自転車通行の実態を明らかにしなくては、自転車乗りのマナー向上にも策は生まれない
第57回
運転に深くかかわる生体機能の検査を広く多くのドライバーに行うべきだ
第56回
予測が追いついているか否か、安全速度とは、そういうものだと思う
第55回
タクシー特措法による減車は、タクシーの事故を減らすことができるのか?
第54回
性能が異なる自転車をひとくくりに分類していては、いつになっても有効な自転車対策は見えてこない
第53回
AEDによる救命率向上と長くなる搬送時間、この正反対の事態が意味するものは?
第52回
新たな飲酒運転対策のモデル事業では、徹底した効果測定の作業を望みたい
第51回
高速道路での走行には、いろいろな落とし穴が潜んでいる
第50回
必要なのは高齢運転者の排除ではなく、合理的な安全対策である
第49回
車両を運転しているという意識を忘れない、これが自転車に乗る心構えの初歩の初歩
第48回
自転車通勤は確かに楽しいけれど、事故のリスクが高いことも忘れずに
第47回
近年、めざましく普及が進むAEDは、ボクが驚くほどの効果を発揮していた
第46回
交通事故を防ぐための「念仏ではない対策」がようやく登場しつつある
第45回
事故の形態や発生場所はずっと変わらない、ボクにはこれが実に不思議なことに思えてきた
第44回
4ヵ月のタクシー運転手体験がボクに混合交通の複雑さを思い知らせてくれた
第43回
追突事故の被害者になったボクは、クルマの運転が急に恐ろしく感じられてきた
第42回
タクシーの「安全」「安心」が揺らいでいる、それこそが最大の問題なのだ
第41回
タクシーを運転するボクの目にはいくつもの「小さな危険」が飛び込んできた
第40回
トラック事故が減少している今こそ、事業者によるトラックドライバーの教育が必要だ
第39回
ゆっくり走るのが楽しいハイブリッド車は、結果的に事故の被害を軽減する効果がある
第38回
いっこうに減らないバス・タクシーの事故、その背景にはドライバーの過酷な労働実態がある
第37回
ありふれた交通安全標語みたいだけれど、「油断大敵、1,000円高速道路」とボクは言いたい
第36回
自治体の負担金軽減により、ドクターヘリの普及にはずみがつくことを期待する
第35回
交差点事故の割合が微減している、ここに交差点対策のカギがあるのかもしれない
第34回
交通事故が減少しているからこそ浮き上がってくる課題がある
第33回
高速道路でのトラック事故、その背景に異変が起きるかもしれない
第32回
飲酒運転をする不埒なやからには疑似「怖い体験」をさせるのが一番だ
第31回
路上で倒れ込んだボクの脳裏には救急患者に関するあるデータが浮かんでいた
第30回
自転車もバイクもトラックも互いのあいだにある溝に気がついていない
第29回
客探しに目が向かう空車タクシー、その速度は高すぎる
第28回
無謀運転のスポーツサイクル乗りが今、街で増え始めている
第27回
登録制度と再規制、安心・安全なタクシーは復活するか!?
第26回
高齢者講習には「免許更新のついでの徹底検診」を
第25回
絶大な効果があるAEDも、活用しなければ宝の持ち腐れだ
第24回
「安全な自転車」の開発は自転車の多様化に拍車をかけるだけ!?
第23回
迷走する自転車の安全対策、本当に重要な問題を見極めるときだ
第22回
救急車の安易な利用が増え続ければ「有料化」が現実になるかもしれない
第21回
事故死者をさらに減らしていくために死者激減の「わけ」を早急に解明すべきだ
第20回
街路灯の整備は絶対に必要だけど、現実を考えて自衛しよう
第19回
運賃値上げのない地域にタクシー戦争あり、事故増加につながる危険性
第18回
事故が減るとか増えるとか、昼間点灯だけで交通安全をかたるのは間違いだ
第17回
AEDは救命率向上に大きな効果があるが、使えば必ず命が助かるわけではない
第16回
ツーリング中の中高年ライダーはこまめに休憩をとるべきだ
第15回
いつ発生するかわからない巨大地震にドライバーはどう対処すべきか
第14回
骨抜きにされた「運転者登録制度」では、規制緩和後の「タクシー問題」を解決できない
第13回
多くのドライバーは自転車の特性を理解していない、そのことを頭にたたきこんでおくのは重要だ
第12回
死者激減の原因を合理的に説明できない限り、根本的な安全対策を講じることはできない
第11回
規制緩和それ自体が悪いとは思わないが、そのしわ寄せを運転手に押し付けてはならない
第10回
「ここにAEDがあるぞ」と大勢の人に知ってもらう方策を考えるべきだ
第09回
事故死者数を減らすことは重要だが、それと個人の意思は別問題だ
第08回
自転車の走行環境とルールの整備という問題は、大きなテーマになっていくような気がする
第07回
タクシー運転手を体験した半年間で「稼げない構造」という問題が見えてきた
第06回
理念に沿わない駐車違反取締りは「取締りのための取り締まり」に進みかねない
第05回
飲酒が運転に与える悪影響をドライバーに体験させる必要がある
第04回
高度な機械の導入など、莫大な金をかけて高齢者講習の充実を図るべきだ
第03回
危険で迷惑な違法駐車車両だけに絞って場所も時間も関係なく取締りを徹底すべきだ
第02回
タクシーの現状を改善しようとするなら、運転手の低賃金問題は避けて通れない
第01回
近ごろの無法・無謀自転車問題の本質は、自転車に限らない安全教育の問題なのでは?

ホームへ戻る