• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2017年8月 3日

ドライバー・歩行者・自転車利用者が必ず実践すべき安全確認・安全行動のポイントをまとめた新版チラシ「2017年 秋の交通安全家庭新聞」好評発売中!

2017年8月 1日

飲酒運転根絶啓発の新版冊子「軽い酔いでも重い犯罪!」、新版ポスター「飲酒運転 見たら、聞いたら、110番!」好評発売中!

2017年7月26日

高齢歩行者の横断中の事故防止のポイントと、70歳以上のドライバーの免許証更新手続きの概要をまとめた新版チラシ「高齢者向け交通安全新聞」好評発売中!

2017年7月26日

高齢者の歩行者・自転車利用者・ドライバーの安全通行・安全運転のポイントを簡潔にまとめた新版リーフレット「元気な毎日は交通安全から!」好評発売中!

2017年6月30日

商品価格の見直しを行い、平成29年7月1日より、一部の商品について価格を改定いたしました。

2017年6月19日

各免許で運転できる自動車の車両総重量などの上限が一目でわかるクリアファイル「わかっていますか?あなたの免許で運転できる自動車の範囲」好評発売中!

2017年6月 1日

運転免許の「点数制度」などの解説に加え、「各免許で運転可能な自動車の範囲」を新規収録して増ページ・改訂した冊子「運転免許を大切に」好評発売中!

2017年4月17日

平成29年3月12日施行の一部改正(準中型免許の新設、高齢運転者に対する認知症対策の強化)を収録した「普及版 道路交通法〈改訂第24版」好評発売中!

2017年4月17日

高齢ドライバーが加齢に伴う心身機能の低下を自覚し、事故防止のために実践すべきポイントをまとめた新版冊子「安全運転 10の心得」好評発売中!

2017年1月20日

「交通の方法に関する教則」一部改正(今年3月12日施行)を機に、夜間の「上向き」ライトの活用を呼びかける新版チラシ「上向きが基本!」好評発売中!

最終更新日:2017年8月17日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全コラム
  • 複雑な新・免許制度において、各...

 

※本ページの掲載資料の無断転載を禁じます。

バックナンバーはこちら

交通安全コラム_1703-No9.jpg

道路交通法上、特殊自動車と自動二輪車を除く自動車の種類はかつて普通自動車と大型自動車の2つだけで、それらの自動車に対応する免許も普通・大型の2区分でしたが、今から10年前の平成19年6月2日施行の法改正で普通・中型・大型の3区分になり、今年(平成29年)3月12日からは周知の通り、普通・準中型・中型・大型の4区分に増えました。さらに、この2度にわたる法改正で、それぞれの改正前に取得した旧普通免許は「8トン限定中型免許」と「5トン限定準中型免許」に変更されたことから、現在の免許制度は、運転できる自動車の範囲が異なる4つの新区分の免許と2つの限定免許が混在する―という、極めて複雑なものになっています。

免許の範囲外の自動車を運転する行為は無免許運転または免許条件違反のどちらかに該当しますが、ドライバーが運転可能な自動車の範囲を正確に把握していないと、知らないうちに無免許運転などをしてしまいかねません。特に貨物自動車を使用している企業でドライバーの管理・指導にあたっている人は、個々のドライバーが保有する免許の種類をしっかり把握し、各免許で運転できる自動車について熟知することが大切です。

そこで、以下では、今年3月12日に施行された新制度における、普通、5トン限定準中型、準中型、8トン限定中型、中型、大型の6種類の各免許で運転できる自動車の範囲について解説します。

無免許運転の罰則は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金。違反点は25点(即免許取消し)。
免許条件違反の罰則は、3月以下の懲役または5万円以下の罰金。
 大型・中型・準中型自動車の反則金は9,000円、普通自動車の反則金は7,000円。違反点は2点。

 1704-t1.jpg

現行法上の普通自動車にあたる「車両総重量3.5トン未満・最大積載量2トン未満・乗車定員10人以下」の自動車を運転することができます。

小型特殊自動車と原動機付自転車も運転可能です。

上記以外の自動車を運転すると「無免許運転」になります。

 1704-01.jpg

 

1704-t2.jpg


平成19年6月2日施行の旧法上の普通自動車(現行法では準中型自動車の一部と普通自動車)にあたる「車両総重量5トン未満・最大積載量3トン未満・乗車定員10人以下」の自動車を運転できる「5トン限定準中型免許」とみなされ、現行法施行(平成29年3月12日)前と同じ範囲の自動車を引き続き運転することができます。

小型特殊自動車と原動機付自転車も運転可能です。

上記以外の自動車のうち、「車両総重量5トン以上7.5トン未満」または「最大積載量3トン以上4.5トン未満」の準中型自動車を運転すると「免許条件違反」になり、その他の自動車を運転すると「無免許運転」になります。

平成29年3月12日以降も更新前の免許証の免許の種類欄には当然ながら「普通」と記載されているが、更新後は、免許の種類欄に「準中型」と記載され、免許の条件等として「準中型で運転できる準中型車は準中型車(5t)に限る」と記載される。

 1704-02.jpg

  1704-t3.jpg

現行法上の準中型自動車と普通自動車にあたる「車両総重量7.5トン未満・最大積載量4.5トン未満・乗車定員10人以下」の自動車を運転することができます。

小型特殊自動車と原動機付自転車も運転可能です。

上記以外の自動車を運転すると「無免許運転」になります。
 

1704-03.jpg

  

1704-t4.jpg


普通・大型の2区分が普通・中型・大型の3区分に変わった平成19年6月2日施行の法改正以降、「8トン限定中型免許」に変更され、改正前の旧普通自動車(現行法では中型自動車の一部と準中型自動車、普通自動車)にあたる「車両総重量8トン未満・最大積載量5トン未満・乗車定員10人以下」の自動車を運転することができます。

小型特殊自動車と原動機付自転車も運転可能です。

上記以外の自動車のうち、「車両総重量8トン以上11トン未満」または「最大積載量5トン以上6.5トン未満」、「乗車定員11人以上29人以下」の中型自動車を運転すると「免許条件違反」になり、その他の自動車を運転すると「無免許運転」になります。

「8トン限定中型免許」の免許証には、免許の種類欄に「中型」と記載され、免許の条件等として「中型車は中型車(8t)に限る」と記載されている。

1704-04-2.jpg  

  

1704-t5.jpg


現行法上の中型自動車、準中型自動車、普通自動車にあたる「車両総重量11トン未満・最大積載量6.5トン未満・乗車定員29人以下」の自動車を運転することができます。

小型特殊自動車と原動機付自転車も運転可能です。

上記以外の自動車を運転すると「無免許運転」になります。

 

1704-05.jpg

 

1704-t6.jpg 
現行法上の大型自動車、中型自動車、準中型自動車、普通自動車を運転することができ、車両総重量、最大積載量、乗車定員に制限はありません。

小型特殊自動車と原動機付自転車も運転可能です。

上記以外の自動車を運転すると「無免許運転」になります。

 

1704-06.jpg

 

(2017年3月31日)

 

 

 

 contents_002.gif

   近年の道路交通法 一部改正の要点

   A4判 40ページ カラー

1211-a.gif●平成18年6月施行分から最新施行分までの道路交通法一部改正の要点について、わかりやすく丁寧にまとめた冊子です。イラストや写真等を豊富に使用し、詳細な説明が必要な部分には注釈を添えるなど、誰もがしっかり理解できるよう工夫しました

●また、参考資料として、「近年の主な道交法施行令等一部改正の要点」、特別企画として、「人身交通事故の処罰規定の変遷」と「飲酒運転の罰則等の変遷」を掲載しました

 

ページトップ

最新の「交通安全コラム」へ戻る

ホームへ戻る