• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2017年4月17日

平成29年3月12日施行の一部改正(準中型免許の新設、高齢運転者に対する認知症対策の強化)を新規収録した「普及版 道路交通法〈改訂第24版」好評発売中!

2017年4月17日

高齢ドライバーが加齢に伴う心身機能の低下を自覚し、事故防止のために実践すべきポイントをまとめた新版冊子「安全運転 10の心得」好評発売中!

2017年1月20日

「交通の方法に関する教則」一部改正(今年3月12日施行)を機に、夜間の「上向き」ライトの活用を呼びかける新版チラシ「上向きが基本!」好評発売中!

2017年1月 6日

お話を通して正しい(安全な)横断方法を楽しく学ぶことができる絵本形式の新版教材「ちからもちのおじさん」好評発売中!

2017年1月 6日

考え遊びを通して幼児・小学校低学年児童の知的(交通)安全能力を高める新版ワークブック「わかるかな?」好評発売中!

2016年11月24日

平成29年3月12日施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表ポスター(改訂版)」好評発売中!

2016年11月21日

平成29年3月施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表クリアファイル(改訂版)」好評発売中!

2016年11月16日

平成18年6月施行分から平成29年3月施行分までの法改正の内容をわかりやすくまとめた「近年の道路交通法 一部改正の要点(改訂版)」好評発売中!

2016年10月21日

ドライバー向け危険予知トレーニングDVD(指導者用解説書付き)の新作「交通KYTを活用し、危険予知能力を高める!Part2」好評発売中!

2016年9月13日

歩行中や運転中のスマホ使用が招く事故などの危険を簡潔にまとめた新版チラシ「ながらスマホは危険がいっぱい!」好評発売中!

最終更新日:2017年4月28日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 新着情報
  • 道路交通法一部改正が来年3月1...

新着情報

sub_title20160728.gif

 7月15日公布の政令により、「準中型免許」「高齢運転者対策」関連の道路交通法一部改正(平成27年6月17日公布)が来年(平成29年)3月12日に施行されることが決定しました。
 また、この改正の詳細を決める道路交通法施行令・施行規則の一部改正も併せて公布されました。その概要は以下の通りです。

【1】「準中型自動車」の大きさ等の基準(施行規則一部改正)

新設される「準中型免許」で運転することができる「準中型自動車」の区分の基準(車両総重量・最大積載量)が以下の通りに決められました。
 車両総重量3.5トン以上7.5トン未満
 最大積載量
2トン以上4.5トン未満

「準中型自動車」の新設に伴い、「普通免許」で運転できる「普通自動車」の区分の基準が以下の通りに引き下げられます。
 車両総重量3.5トン未満(改正前は「5トン未満」)
 最大積載量2トン未満(改正前は「3トン未満」)

改正前に取得した普通免許は、改正後、車両総重量5トン未満・最大積載量3トン未満の自動車を運転できる5トン限定準中型免許とみなされ、改正前に運転することができた自動車を引き続き運転できます。


【2】「準中型自動車」の反則金等
(施行令一部改正)

「準中型自動車」の反則金と放置違反金の額は、中型自動車や大型自動車と同じです。


【3】「臨時認知機能検査」の対象となる違反行為
(施行令一部改正)

改正後に「認知機能が低下した場合に行われやすい違反行為(規定の違反行為)」をした75歳以上のドライバーは、臨時に実施される認知機能検査(臨時認知機能検査)を受けなければなりませんが、その「規定の違反行為」が決められました。

「規定の違反行為」に該当する具体的な例は以下の通りです。
・信号無視 ・右側通行(逆走) ・「通行禁止」の道路の通行 ・しゃ断機が閉じた踏切への進入 ・一時不停止 ・危険なUターンや進路変更 ・横断歩道通行中の歩行者の妨害 ・交差点右折時の直進車・左折車の妨害 ・優先道路や環状交差点内の通行車の妨害 ・安全運転義務違反 など


【4】「高齢者講習」の実施時間(施行規則一部改正)

75歳以上のドライバーに対する講習
現行の実施時間は一律(2時間30分)ですが、改正後は、講習前に実施される「認知機能検査」で、「認知症」「認知機能の低下」のおそれがある「第1分類」「第2分類」と判定された場合、講習の実施時間が3時間に延長されます。
一方、認知機能に心配がない「第3分類」と判定された場合、2時間に短縮されます。
上記の講習時間は小型特殊免許のみの人を除く。

70歳以上75歳未満のドライバーに対する講習
現行の実施時間は3時間ですが、改正後は、2時間に短縮されます。
上記の講習時間は小型特殊免許のみの人を除く。


【5】「臨時高齢者講習」受講の基準(施行規則一部改正)

「臨時認知機能検査」で「第1分類」「第2分類」と判定されたドライバーは、臨時に実施される高齢者講習(臨時高齢者講習)を受けなければなりません。
除外規定あり。
講習時間は2時間。(小型特殊免許のみの人を除く)

ホームへ戻る