• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2017年4月17日

平成29年3月12日施行の一部改正(準中型免許の新設、高齢運転者に対する認知症対策の強化)を新規収録した「普及版 道路交通法〈改訂第24版」好評発売中!

2017年4月17日

高齢ドライバーが加齢に伴う心身機能の低下を自覚し、事故防止のために実践すべきポイントをまとめた新版冊子「安全運転 10の心得」好評発売中!

2017年1月20日

「交通の方法に関する教則」一部改正(今年3月12日施行)を機に、夜間の「上向き」ライトの活用を呼びかける新版チラシ「上向きが基本!」好評発売中!

2017年1月 6日

お話を通して正しい(安全な)横断方法を楽しく学ぶことができる絵本形式の新版教材「ちからもちのおじさん」好評発売中!

2017年1月 6日

考え遊びを通して幼児・小学校低学年児童の知的(交通)安全能力を高める新版ワークブック「わかるかな?」好評発売中!

2016年11月24日

平成29年3月12日施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表ポスター(改訂版)」好評発売中!

2016年11月21日

平成29年3月施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表クリアファイル(改訂版)」好評発売中!

2016年11月16日

平成18年6月施行分から平成29年3月施行分までの法改正の内容をわかりやすくまとめた「近年の道路交通法 一部改正の要点(改訂版)」好評発売中!

2016年10月21日

ドライバー向け危険予知トレーニングDVD(指導者用解説書付き)の新作「交通KYTを活用し、危険予知能力を高める!Part2」好評発売中!

2016年9月13日

歩行中や運転中のスマホ使用が招く事故などの危険を簡潔にまとめた新版チラシ「ながらスマホは危険がいっぱい!」好評発売中!

最終更新日:2017年4月28日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全コラム
  • 道路交通法上、自転車の通行場所...

 

※本ページの掲載資料の無断転載を禁じます。

バックナンバーはこちら

交通安全コラム_1603.jpg

道路交通法上、車両の一種である自転車が道路のどこを通行するのか―については、車道通行を原則ルールとしつつも、一定の要件を満たせば歩道や路側帯も通行することができる―という例外的なルールがあるため複雑ですが、こうした現在の通行ルールは、過去幾度かの道路交通法一部改正を経て作られたものです。

以下では、道路交通法の制定時まで遡り、自転車の通行場所のルールの変遷について解説します

 

 道路交通法制定施行当初(昭和35年・1960年12月施行)

歩道がある道路で自転車が通行できるのは車道の左側部分だけで、
歩道を通行することは一切禁止だった…

制定されたばかりの道路交通法(昭和35年・1960年施行)では、現行法の原則ルールと同様、自転車(車両)は、歩道がない道路では道路の中央から左側の部分を通行し、歩道がある道路では車道の中央から左側の部分を通行しなければならない―と規定されていました。しかし、現行法のような車道通行の例外となるルールは一切なく、自転車が歩道を通行することはいかなる場合も認められていませんでした。

なお、現行法では、周知の通り、自転車(軽車両)が道路(車道)の左側部分を通行する際は、必ずその左側端に寄らなければなりませんが、当時は、左側部分の幅員が3メートルを超える道路(車道)を通行する場合に限り、道路(車道)の左側端寄り通行(キープレフト)の義務がありました

 

昭和39年(1964年)9月施行・道交法一部改正

道路(車道)でのキープレフトのルールが確立されるとともに、
自転車の並進行為が禁止された…

昭和39年(1964年)9月施行の道路交通法一部改正により、自転車(軽車両)は、すべての道路(車両)で左側端寄り通行(キープレフト)をすることが義務づけられました。

1603-1.jpg

1603-2.jpg

また、キープレフトの義務化と同時に、自転車(軽車両)が他の軽車両と並進することが禁止されました。ただし、二輪の自転車は、「並進可」の標識がある道路で2台までであれば並進することができる―とされました。

 

  

昭和45年(1970年)8月施行・道交法一部改正

二輪の自転車による歩道通行が可能になるとともに、
自転車道の通行義務が二輪の自転車に課せられた…

昭和45年(1970年)8月施行の道路交通法一部改正により、二輪の自転車は、車道通行の例外として、「歩道通行可」を示す標識がある歩道を通行できるようになりました。ただし、歩道通行中は「歩行者優先」の観点から、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行することが義務づけられました。

 1603-4.jpg

 

 

 

この改正では、「歩道通行可」を示す道路標示がある場合も二輪の自転車は歩道を通行できる―とされたが、同時に施行された標識標示令一部改正で、この道路標示は新設されなかった。なお、自転車の「歩道通行可」を示す道路標示は、平成20年8月施行の標識標示令一部改正により新設された。
 

また、自転車道の規定が設けられ、自転車道がある道路では二輪の自転車は必ず自転車道を通行しなければならないことと、二輪の自転車以外の車両は自転車道を通行してはならないことが定められました。なお、道路交通法上の自転車道とは、自転車の通行の用に供するため縁石線または柵などによって区画された車道の部分をいいます。いわゆるサイクリングロードや歩道に設けられた自転車の通行スペースは道路交通法上の自転車道には当たりません。

1603-3.jpg

 

 

 

 

  

 

昭和46年(1971年)12月施行・道交法一部改正

歩行者の通行スペースである路側帯が新設され、
自転車は路側帯を通行できることとなった…

昭和46年(1971年)12月施行の道路交通法一部改正により、歩道以外の歩行者通行用のスペースとして、歩道がない道路の端に白線で区画された「路側帯」が新設され、路側帯の車両通行が原則禁止となりましたが、自転車(軽車両)については例外として路側帯を通行できることとされました。ただし、路側帯通行中は、歩道と同様に歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行することが義務づけられたほか、著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合や路側帯が白の実線2本で区画されている場合(歩行者用路側帯)は自転車による路側帯通行が禁止されました。

1603-5.jpg

なお、この改正よりも前は、自転車を押して歩く場合も原則として車道を通行するなど、自転車に乗って通行する場合と同じルールが適用されていましたが、改正後は、二輪の自転車を押して歩いている者は歩行者とみなされ、歩道や路側帯(歩道等)がない道路ではその右側端に寄って通行し、歩道等がある場合はそこを通行することが義務づけられました

 

(2016年3月31日)

(5月掲載予定・「交通安全コラムNo.7」に続く)

 

 

 contents_002.gif

   近年の道路交通法 一部改正の要点

   A4判 40ページ カラー

1211-a.gif●平成18年6月施行分から最新施行分までの道路交通法一部改正の要点について、わかりやすく丁寧にまとめた冊子です。イラストや写真等を豊富に使用し、詳細な説明が必要な部分には注釈を添えるなど、誰もがしっかり理解できるよう工夫しました

●また、参考資料として、「近年の主な道交法施行令等一部改正の要点」、特別企画として、「人身交通事故の処罰規定の変遷」と「飲酒運転の罰則等の変遷」を掲載しました

 

ページトップ

最新の「交通安全コラム」へ戻る

ホームへ戻る