• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2017年4月17日

平成29年3月12日施行の一部改正(準中型免許の新設、高齢運転者に対する認知症対策の強化)を新規収録した「普及版 道路交通法〈改訂第24版」好評発売中!

2017年4月17日

高齢ドライバーが加齢に伴う心身機能の低下を自覚し、事故防止のために実践すべきポイントをまとめた新版冊子「安全運転 10の心得」好評発売中!

2017年1月20日

「交通の方法に関する教則」一部改正(今年3月12日施行)を機に、夜間の「上向き」ライトの活用を呼びかける新版チラシ「上向きが基本!」好評発売中!

2017年1月 6日

お話を通して正しい(安全な)横断方法を楽しく学ぶことができる絵本形式の新版教材「ちからもちのおじさん」好評発売中!

2017年1月 6日

考え遊びを通して幼児・小学校低学年児童の知的(交通)安全能力を高める新版ワークブック「わかるかな?」好評発売中!

2016年11月24日

平成29年3月12日施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表ポスター(改訂版)」好評発売中!

2016年11月21日

平成29年3月施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表クリアファイル(改訂版)」好評発売中!

2016年11月16日

平成18年6月施行分から平成29年3月施行分までの法改正の内容をわかりやすくまとめた「近年の道路交通法 一部改正の要点(改訂版)」好評発売中!

2016年10月21日

ドライバー向け危険予知トレーニングDVD(指導者用解説書付き)の新作「交通KYTを活用し、危険予知能力を高める!Part2」好評発売中!

2016年9月13日

歩行中や運転中のスマホ使用が招く事故などの危険を簡潔にまとめた新版チラシ「ながらスマホは危険がいっぱい!」好評発売中!

最終更新日:2017年4月28日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全コラム
  • どのようなルール違反が「自転車...

 

※本ページの掲載資料の無断転載を禁じます。

バックナンバーはこちら

交通安全コラム_1508.jpg

毎年公表される警察の交通事故統計によると、全国で発生した自転車事故のうち、自転車を運転していた者が何らかのルール違反をしていた—という事故が大半を占めており、自転車運転者のルール遵守の徹底を図ることは交通安全上、非常に重要です。

こうした状況を受け、今年(平成27年)6月1日に道路交通法一部改正が施行され、交通事故につながる危険性が高い所定の違反行為(「危険行為」)を繰り返した自転車運転者に安全講習の受講を義務づける「自転車運転者講習制度」がスタートしました。

「自転車運転者講習制度」は、新聞、テレビなどマスメディアによって大々的に報道されましたが、インターネット等で誤った解説が見られるなど、制度
開始から3カ月が過ぎた現在に至っても肝心の制度の中身が正しく理解されていない—というのが現状です。

そこで、今回は、この「自転車運転者講習制度」について解説します。

3年以内に2回以上の「危険行為」で講習受講、
「危険行為」は赤切符交付など処罰対象になったものに限る

右側通行(逆走)や信号無視、一時不停止、酒酔い運転など所定のルール違反(「危険行為」)を3年以内に2回以上した14歳以上の自転車運転者が講習受講の対象になります。講習は有料(手数料標準額5,700円)で、講習時間は3時間です。講習受講の対象になった者には都道府県公安委員会から「自転車運転者講習」の受講命令が出され、その命令に従わずに講習を受けなかった場合は、5万円以下の罰金が科されます。

ただし、「危険行為」を3年以内に2回以上
した場合でも、(1)交通事故により下半身不随になるなど、自転車の運転によって交通の危険を生じさせるおそれが失われたと認められる場合、(2)講習を受講し、その後「危険行為」を1回しかしていない場合—は講習対象にはならず、受講命令は出されません。また、講習受講の対象として「危険行為」にカウントされるのは、警察官から交通切符(赤切符)を交付されたり、交通事故に至ったりして刑事罰の対象になった場合に限られ、警察官から法的拘束力のない「指導警告票」を交付されたり、注意を受けたりしただけでは、講習受講の対象となる「危険行為」とはされません。

ちなみに、インターネット上では、今回の道路交通法一部改正により、自転車運転者にも、自動車の運転者と同じように、交通反則通告制度、いわゆる反則金制度が適用され、ルール違反者に交通反則切符(青切符)が交付されるようになった—などの解説がありますが、これは明らかな誤りです。
1508_1.jpg 

講習受講の対象となる「危険行為」は
法文上では14類型に大別される

講習受講の対象となる「危険行為」は、「交通の危険を生じさせるおそれのある違反行為」として道路交通法施行令の該当条文(第41条の3第1号14号)で定められており、警察やマスメディアなどではこの条文の号数から14類型と称していますが、それはあくまでも条文上の“くくり”であり、「危険行為」に該当する具体的な行為は14以上あります。

以下では、施行令該当条文の各号ごとに、講習受講の対象となる「危険行為」に該当する違反について解説します。

以下の「危険行為」は、普通自転車の交通ルールに則したものです。普通自転車以外の自転車の交通ルールは、いかなる場合も歩道を通行できないなど、普通自転車とは少し異なりますが、一般に使用されている自転車のほとんどは普通自転車に該当します。
なお、普通自転車とは、(1)長さ190センチ以内
、幅60センチ以内、(2)側車をつけていない(補助輪は除く)、(3)運転席が一つで、それ以外の乗車装置がない(幼児用座席は除く)、(4)ブレーキが、走行中簡単に操作できる位置にある、(5)歩行者に危害を及ぼすおそれがある鋭利な突出部がない—のいずれも満たす二輪または三輪の自転車で、他の車両をけん引していないものをいいます。

(1)信号に従わずに通行した…
  
(施行令第41条の3第1号の規定)
 車両の一種である自転車は、車両用信号機の信号に従うのが原則ですが、歩行者・自転車専用信号機がある場合はその信号に従い、歩行者用信号機がある横断歩道を通行する場合はその信号に従わなければなりません。これらの従うべき信号機の信号に従わなかった場合が「危険行為」とされます。  

1508_2.jpg

 

 (2)「通行禁止」の道路を通行した…
  (施行令第41条の3第2号の規定)
 ここでいう「通行禁止」の道路とは、「車両通行止め」、「車両進入禁止」、「歩行者専用」など、下記の標識によって車両の通行が禁止されている道路を指します。ただし、補助標識の設置などによって自転車の通行が特別に許されている場合は除きます。

1508_3.jpg

 

(3)「歩行者用道路」通行中に徐行義務などを怠った…
  (施行令第41条の3第3号の規定)
 「歩行者用道路」とは、「歩行者専用」の標識(上記参照)によって車両の通行を禁止している道路のことで、「自転車は除く」の補助標識がついている場合、または警察署長の通行許可証を受けている場合に限り自転車は通行できますが、特に歩行者に注意して徐行しなければならず、この義務を怠ると「危険行為」とされます。
 ちなみに、インターネット上で、「自転車通行可」を示す標識がある歩道(後述)を「歩行者用道路」としている記事がありますが、これは誤りです。

(4)「通行場所」のルールを守らなかった(通行区分違反)…
 
 (施行令第41条の3第4号の規定)
 自転車は、自動車などと同じ「車道通行」「左側通行」が原則ですが、自転車には特別ルールとして歩道や路側帯を通行することができる場合が別途定められています。したがって、「通行区分違反」として「危険行為」とされるのは以下の通りとなります。

道路(歩道がある道路では車道)の右側を通行した…

「自転車通行可」を示す標識等がない歩道を通行した…(自転車の運転者が13歳未満、70歳以上、車道通行に支障がある体の不自由な人である場合と、道路工事をしていたり、道幅が狭くて車が多いなど、車道通行が危険な場合を除く)

1508_4.jpg

 




道路右側の路側帯や歩行者用路側帯を通行した…

「路側帯」とは、歩行者の通行スペースの確保などのた
めに、「歩道がない道路の端」や、片側にしか歩道がない道路の「歩道がない側の端」に白線によって示された部分をいい、(1)白の実線1本によるもの、(2)白の実線と破線によるもの、(3)白の実線2本によるもの(歩行者用路側帯)の3種類がありますが、自転車が通行できるのは、下記の図の通り、歩行者用路側帯を除く路側帯のうち道路左側にある路側帯だけです。

1508_5.jpg

 

 

 

 

 

「安全地帯」や「立入り禁止部分」を通行した…
 「安全地帯」とは、路面電車の乗降などのために道路に設けられた島状の施設、または、「安全地帯」の標識・道路標示で示された部分をいいます。また、「立入り禁止部分」とは、車両の衝突の危険性が高い場所などに設けられた、「立入り禁止部分」の道路標示によって示された部分をいい、自転車を含む車両が「安全地帯」や「立入り禁止部分」を通行することは禁止されています。  

1508_6.jpg

 

 

 



(5)「路側帯」を通行しているときに「歩行者優先」のルールを守らなかった…
  (施行令第41条の3第5号の規定)
 自転車は、歩行者用路側帯を除き、道路左側の路側帯を通行することができますが、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しなければなりません。このルールに違反して歩行者の通行を妨げるなどすると「危険行為」とされます。

(6)踏切のしゃ断機が閉じていたり、閉じようとしているとき、踏切の警報機が鳴っているときに踏切に入った…
  (施行令第41条の3第6号の規定)

(7)交差点での車両の優先関係や安全進行のルールを守らなかった…
  
(施行令第41条の3第7号の規定)
 交差点では、多くの車や歩行者が交錯するため、自転車を含む車両は車両間の優先関係や安全進行等にかかわる各種ルールに従わなければなりません。それらのルールに違反した場合が「危険行為」とされます。具体的には以下の通りです。

信号がない交差点で、左方から進行してくる車両の進行を妨げた…
一時停止の標識がある交差点や、交差道路が優先道路や広い道路である交差点(下記参照)では、右方からくる車両の進行も妨げてはなりません。

信号がない交差点で、その交差道路が「優先道路」である場合に、交差道路の車両の進行を妨げたり、徐行せずに交差点に進入した…
 「優先道路」とは、「優先道路」の標識がある道路、または、交差点内においても中央線などが連続して設けられている道路をいいます。

信号がない交差点で、進行してきた道路よりも交差道路の幅員のほうが明らかに広い場合に、交差道路の車両の進行を妨げたり、徐行せずに交差点に進入した…

交差点の交差車両や横断歩行者に対する安全確認、安全進行の義務を怠った…

(8)交差点右折時に直進車・左折車の進行を妨げた…
  
(施行令第41条の3第8号の規定)
 自転車が交差点で右折するときは、直進や左折をしようとする車がいないかを確認し、直進車や左折車がいるときは、その進行を妨げてはなりません。このルールに違反すると「危険行為」とされます。 

(9)環状交差点内の車両の優先関係や安全進行のルールを守らなかった…
  
(施行令第41条の3第9号の規定)
 環状交差点とは、車両の通行部分が環状になっていて、その部分を右回りに通行することが標識によって指定されている交差点のことです。環状交差点では車両間の優先関係などの各種ルールが定められていますが、それらのルールに違反すると「危険行為」とされます。具体的には以下の通りです。

環状交差点内を通行する車両の進行を妨げた…

徐行せずに環状交差点に入った…

環状交差点内の車両や環状交差点に入ろうとする車両・横断歩行者に対する安全確認、安全進行の義務を怠った…

(10)「一時停止」の標識がある交差点で一時停止しなかった…
  
(施行令第41条の3第10号の規定)
 「一時停止」の標識がある交差点では、停止線(停止線がないときは交差点)の直前で一時停止し、交差道路の車両の進行を妨げてはなりません。

(11)歩道を通行しているときに「歩行者優先」のルールを守らなかった…
  
(施行令第41条の3第11号の規定)
 「自転車通行可」を示す標識等がある場合などで歩道を通行するときは、車道寄りの部分を徐行し、歩行者の通行を妨げそうなときは一時停止しなければなりません。

(12)ブレーキ不良自転車を運転した…
  
(施行令第41条の3第12号の規定)
 ブレーキがない自転車やブレーキが効かない自転車を運転してはなりません。

(13)酒酔い運転をした…
  (施行令第41条の3第13号の規定)
 飲酒運転のうち、正常な運転ができないおそれのある状態(いわゆる酩酊状態)での運転行為である酒酔い運転が「危険行為」とされます。

(14)不適切な運転操作をしたり、安全確認をしなかったりした結果、交通事故などの危険を招いた…
  (施行令第41条の3第14号の規定)
 この「危険行為」には、自転車を含めた車両等の運転者が従わなければならない「安全運転の義務」を怠る行為(安全運転義務違反)が該当します。具体的には、携帯
電話を使いながら通行したり、傘を差して運転をしたり、十分な安全確認をしないなど適切な運転操作や安全確認等を怠った結果、交通の危険(交通事故など)を招いたりした場合に「危険行為」(安全運転義務違反)とされる可能性があります。

自転車の交通ルールをより一層周知し、
自転車事故の防止を図ることが重要

警察庁の集計によると、「自転車運転者講習制度」が今年6月1日に始まってから1カ月間に全国の警察が摘発した自転車の「危険行為」は549件にのぼり、翌7月には大阪府で9日と15日の2回にわたり前輪にブレーキがついていない「ピスト自転車」を運転した男性に交通切符(赤切符)が交付され、この男性が全国初の講習対象者となりました。

今後、「危険行為」を繰り返して「自転車運転者講習」を受講する自転車運転者は全国で年間、数100人程度となる見込みですが、「危険行為」は、信号無視や酒酔い運転、しゃ断踏切立入りなど、一般に悪質違反の典型とみられるものだけにとどまらず、「自転車通行可」を示す標識等がない歩道を通行するなど通行区分(通行場所)のルールに従わない行為や、歩道通行中に徐行しないなど歩道・路側帯での歩行者優先のルールに
かかわる違反行為、従来の自転車の指導現場ではあまり対象とされてこなかった交差点での車両の優先関係等の各種ルールにかかわる違反行為、安全運転義務違反など、自転車の交通ルールの大半をカバーするほど非常に多岐にわたっています。

前述した通り、自転車事故の大半は、自転車運転者に何らかの違反行為が認められる事故であり、自転車の交通ルールの遵守の徹底を図ることは急務です。今後、より一層、自転車の交通ルールの周知等の安全教育が重要になってきますので
、とりわけ自転車の安全運転指導に携わる人は、自転車の交通ルール全般について再確認し、精通しておくことが大切です。

(2015年9月3日)

 

 

 

 contents_002.gif

   自転車の交通ルールハンドブックgoannai1324-2015.gif

   A5判 40ページ カラー

●自転車利用者はどのような交通ルールを守らなければならないのか―、どの法令等がそのルールの根拠になっているのか―が一目瞭然でわかるよう、見開きで対比させるスタイルでまとめています。
●また、自転車事故の発生実態を事故データをもとに解説するとともに、安全通行のポイントも掲載して
います。

ページトップ

最新の「交通安全コラム」へ戻る

ホームへ戻る