• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2017年4月17日

平成29年3月12日施行の一部改正(準中型免許の新設、高齢運転者に対する認知症対策の強化)を新規収録した「普及版 道路交通法〈改訂第24版」好評発売中!

2017年4月17日

高齢ドライバーが加齢に伴う心身機能の低下を自覚し、事故防止のために実践すべきポイントをまとめた新版冊子「安全運転 10の心得」好評発売中!

2017年1月20日

「交通の方法に関する教則」一部改正(今年3月12日施行)を機に、夜間の「上向き」ライトの活用を呼びかける新版チラシ「上向きが基本!」好評発売中!

2017年1月 6日

お話を通して正しい(安全な)横断方法を楽しく学ぶことができる絵本形式の新版教材「ちからもちのおじさん」好評発売中!

2017年1月 6日

考え遊びを通して幼児・小学校低学年児童の知的(交通)安全能力を高める新版ワークブック「わかるかな?」好評発売中!

2016年11月24日

平成29年3月12日施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表ポスター(改訂版)」好評発売中!

2016年11月21日

平成29年3月施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表クリアファイル(改訂版)」好評発売中!

2016年11月16日

平成18年6月施行分から平成29年3月施行分までの法改正の内容をわかりやすくまとめた「近年の道路交通法 一部改正の要点(改訂版)」好評発売中!

2016年10月21日

ドライバー向け危険予知トレーニングDVD(指導者用解説書付き)の新作「交通KYTを活用し、危険予知能力を高める!Part2」好評発売中!

2016年9月13日

歩行中や運転中のスマホ使用が招く事故などの危険を簡潔にまとめた新版チラシ「ながらスマホは危険がいっぱい!」好評発売中!

最終更新日:2017年4月28日

買い物カゴの確認・お会計

交通安全時評

バックナンバーはこちら

事故が語る安全 日本ハイウェイセーフティ研究所所長 加藤 正明

第3回 夜間走行の錯覚

no03_img01.jpg

夜の運転はなぜ嫌なのか

明るさ・暗さ
 夏の日は暮れるのが遅い。午後7時ごろになってもまだ空には明るさが残っているから、時計を見て初めてもうこんな時刻だと驚くことがある。そして気がつくと街灯が次第に輝きを増し、商店街も明るく灯火に照らされて、周囲にはすっかり夜の気配が忍び込んでいる。何のことはない、夜を演出しているのは明るさなのだ、と今さらのように大発見でもした気分になる人もいるかもしれない。
 夜の暗さにすっかり慣れっこになっていても、夜の運転は嫌だ、と感じている人は多いが、なぜ嫌なのか、そこまで考える人は少ない。しかし、そこのところを突き止めないと、思いがけないトラブルに巻き込まれることになりかねない。今回は暗さを徹底検証してみよう。

視力の低下
 夏の日中の明るさは、カンカン照りのいわゆるピーカンで約10万ルクスとされている。しかし、夜になると、車のライトに照らされた路面でも、30ルクスにも達しない。それだけ実質的に視力が低下するわけだ。個々人の視力は加齢とともに低下していくが、見えにくいことを視力の低下と認めたがらない人がいる。暗さイコール視力低下だ、ということを自覚しなければならない。
 暗さに応じて、見え方にも差があり、光が乏しくなっていくとだんだん見えにくくなっていくのは、だれもが日ごろ経験しているはずである。つまり、物の形や大きさが見分けられるのは、物の形に応じた明るさのコントラストが識別されるからで、明るさが増すにつれて色も識別しやすくなり、反対に光量が低下していけば色も形も分からなくなってしまう。
 また、動いている物を見る場合、静止している物を見る場合と見え方が違うことは経験的にだれでも知っている。これは、運動視とか動体視力とか呼ばれるもので、人によって能力差があるが、夜間視力についても人によって能力差があるものだ。最近、高齢者の夜間事故の増加が社会問題になっているが、基本的な視力の問題にもっと関心を高める必要があるのかもしれない。
 特に夜間、速度の遅い自転車が自動車と衝突するケースが増えているが、速度の遅いほうからは相手の動きがよく見えるのに対し、逆の場合は見落としが生じやすいことが知られている。相手も同じように、自分のほうが見えている、こちらに気づいて安全に対処してくれるだろうと期待しているのである。
 この場合は、見落としではなく、誤判断あるいは過剰期待というべきかもしれないが、車にしろ自転車にしろ、まず気づいたほうが先に速度を落とすなり、進路を変えるなり、状況によってはライトをパッシングするなどして、自分の存在をはっきり相手に気づかせる、動作で知らせることが大事である。
 また、郊外地域で目立つのが路側に駐車している車両への衝突事故である。それも大半が見通しの良い直線路である。一体、何が起こったのか、だれでも疑問に思うに違いない。夜だからといっても、ライトを上向きにすれば視界に問題はないはずだし、必要なら減速すればよい。なぜ、そうしなかったか。実は、ここに重大な事故誘因が隠されていることに注目しなければならない。

明るいほうへ目を向けてしまう

視覚の活用法
 夜になって、周囲の明るさが乏しくなると、ドライバーは見落としはないかと緊張しながら前方視界に注意を払うものだ。特に動くもの、灯火類には敏感に反応する。また、駐車するときは、通過車両に車体をよく見せようと、わざわざ明るい街灯の近くや真下、あるいは商店の照明を受けやすい位置に止めようと腐心する。
 ところが、ここに思わぬ誤算が生じてしまうことがある。ふつうドライバーは、無意識のうちに明るいほうへ、目立つもののほうへと目を向けてしまう。対向車のライト、マンションの照明、商業施設のイルミネーション、なかには運転とは何のかかわりもない灯火情報を確認することで、意味のない安心を得ようとしているのだ。
 人間の目の働きは、そうしたとりとめのない動きのなかから、重要なもの、必要な情報を選び出そうとしているのだ。しかし、これらはすべて無意識の慣習とでもいうべき行為であり、何も起こらなければ、やがて記憶のなかからも消去されて痕跡は残らない。
 いわゆる視覚吸引作用を思い出していただきたいのだが、明るさに引きつけられる度合いが強ければ強いほど、周辺の暗がりのなかの情報に対する意識が、ごっそり脱落してしまうということが起きやすい─ということに注意しなければならない。人間の目は暗がりのなかで物を探し出すことが得意ではない。その欠点というか短所を補うためには、「瞬間視」を活用して、広い範囲を見渡すことを重視しなければならない。
 視覚のこうした活用法、コントロール術をしっかり身につけているかどうか、つまり状況に応じて意識の集中法を変えることで危険を回避する術を身につけるのである。以前に「溶け込み現象」について説明したことがあるけれども、無意識のうちに明るさに視覚が引きずられてしまうと、その分だけ暗がりに対する注意力は薄れて、暗がりに溶け込んだ障害物の発見が遅れたり、見落としてしまうことが容易に起こる。
 よく現場検証の際など、停止車両が見えなかったと主張する加害者に対し、警察官が姿勢を低くしたり位置を変えたりしながら「ちゃんと見えるじゃないか、脇見してたんだろう。居眠りしてたのか?」などと問いつめるようだが、これはドライバーの盲点をいみじくも裏書きしていると言えよう。

蒸発現象
 明るいから見えるはずだ、といった断定も必ずしも正しいと言えないことがある。さまざまな灯火のあふれる市街地交差点で、右折待ちの車が追突される事例も事欠かない。対向車のライトが眼に入ったとか、いろいろな事情があるが、最も注意しなければならないのは、車のライトの反射作用で歩行者や自転車が一瞬見えなくなってしまう、いわゆる蒸発現象である。
 蒸発現象はひんぱんに起こるというものではないが、そういう現象があることを知っているだけでも、交差点にさしかかったときの集中力は大きく変わってくるはずだ。

ページトップ

ホームへ戻る