• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2017年4月17日

平成29年3月12日施行の一部改正(準中型免許の新設、高齢運転者に対する認知症対策の強化)を新規収録した「普及版 道路交通法〈改訂第24版」好評発売中!

2017年4月17日

高齢ドライバーが加齢に伴う心身機能の低下を自覚し、事故防止のために実践すべきポイントをまとめた新版冊子「安全運転 10の心得」好評発売中!

2017年1月20日

「交通の方法に関する教則」一部改正(今年3月12日施行)を機に、夜間の「上向き」ライトの活用を呼びかける新版チラシ「上向きが基本!」好評発売中!

2017年1月 6日

お話を通して正しい(安全な)横断方法を楽しく学ぶことができる絵本形式の新版教材「ちからもちのおじさん」好評発売中!

2017年1月 6日

考え遊びを通して幼児・小学校低学年児童の知的(交通)安全能力を高める新版ワークブック「わかるかな?」好評発売中!

2016年11月24日

平成29年3月12日施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表ポスター(改訂版)」好評発売中!

2016年11月21日

平成29年3月施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表クリアファイル(改訂版)」好評発売中!

2016年11月16日

平成18年6月施行分から平成29年3月施行分までの法改正の内容をわかりやすくまとめた「近年の道路交通法 一部改正の要点(改訂版)」好評発売中!

2016年10月21日

ドライバー向け危険予知トレーニングDVD(指導者用解説書付き)の新作「交通KYTを活用し、危険予知能力を高める!Part2」好評発売中!

2016年9月13日

歩行中や運転中のスマホ使用が招く事故などの危険を簡潔にまとめた新版チラシ「ながらスマホは危険がいっぱい!」好評発売中!

最終更新日:2017年4月28日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全時評>
  • 事故が語る安全
  • 【第22回】

交通安全時評

バックナンバーはこちら

事故が語る安全 日本ハイウェイセーフティ研究所所長 加藤 正明

第22回 新入学時と若葉マークを守ろう

no22_img01.jpg

ピカピカ一年生と若葉マーク

期待と不安
 桜の季節が近づくと、世の中全体が明るくなっていくような、開放的な気分に満たされていく。南北に長い日本列島の春の訪れは、北と南では大きな差があり、太平洋側と日本海側とでも多少季節感は異なるが、とりわけ、北の降雪地帯では春が待ち遠しい、という声を耳にする。入学・入園を控えた子どもがいる親たちも人一倍春が待ち遠しいに違いない。しかし、その一方で、我が子が交通事故に巻き込まれるのではないかと、不安にかられている人たちもいる。
 春はまた、新人の季節でもある。職業として運転に従事している人や企業の運行管理者、安全運転管理者にとって、この季節に気になるのが新人ドライバーの安全教育で、交通事故防止が重大な課題となる。

危険に近づくな
 新入園児や新入学児は、ともに生活がガラリと変わり、いろいろ戸惑うことが多いが、その環境変化を楽しんでいるようでもあり、そのちぐはぐさが大人たちの目にはほほえましい。
 新社会人も、環境変化という点では似たところもあるかもしれないが、こちらは自己責任が厳しく問われる“大人社会”への参入であり、その前提条件というか、必需品のように運転免許の取得が義務視されて、その風潮はすっかり定着してきたといっても過言ではない。こうした背景を受けて、この時期は若葉マークがよく目につく。そうなると、気になるのは“事故”である。
 今年1月下旬に、人気のプロボクサーがマイカーを運転していて追突事故を起こしたことが、新聞の片隅に報じられていた。免許を取得してから1年未満だったという。
 機敏な動作が要求されるボクシングだが、リングと路上では速度感、距離感が違いすぎてタイミングが狂ってしまったのかもしれない。軽い接触事故で済んだからいいようなものの、運が悪ければどんな結果となったか予測もつかないのが交通事故である。物損事故で良かった、などと軽口をたたける場面ではない。
 平成18年9月には、埼玉県で、保育士に引率されて散歩中の保育園児の列に乗用車が突っ込んで21人が死傷する事故があった。事故が起こったのは白昼のことで、園児たちは路側を一列になって歩いていた。現場は速度規制のない狭い市道だったが、車は約50キロの速さで走ってきたという。明らかに、状況無視の無謀運転だった。この市道は、その後、30キロに速度規制された。
 幅員6メートル弱の狭い道路を、しかも園児の列が見える見通しの良い道路で、なぜこんな事故が起こってしまったのか。法規制以前の問題として、若葉マークのドライバーには、まだ柔らかい頭脳で、こんな場面ではどんな運転をしたらいいのか、真剣に考えてほしい。
 一言で言ってしまえば、「危険に近づくな」ということに尽きる。登下校時の児童や園児たちの多くは、遠くからでも目につきやすい黄色の丸帽をかぶっている。歩道がはっきり段差で区別されていない道路でも、数人の集団になれば、いやでも目につくはずだ。
 それなのに、報道ではよく事故原因として「前をよく見ていなかったらしい」とか、「脇見運転をして気がつかなかった」とか報じられていたが、もし言葉通りだったとしたら、恐ろしいことである。
 事故の認定や過失の判断に関しては、司法に結論をゆだねるしかないが、前をよく見るということは安全運転の第一条件であり、前をよく見ていなかったという言葉は、弁解にもなっていない。前をよく見るという行為の中身は、ただ漠然と目を前に向けているという状態ではなく、前方の交通状況を正しく把握し、危険の有無を判断し、その判断に基づいて、危険を回避するために減速するとか、状況次第では同時にハンドル操作によって被害・加害の極小化を図ることが要求される。
 言葉で説明しようとすればするほど小難しく聞こえるかもしれないが、要は自分が事故の加害者にも被害者にもならず、最悪の場合の被害の規模を最小限に食い止める、ということである。
 先の例で言えば、黄色い帽子の列は、まさしく黄信号に通ずるサインであるから、速度を落として徐行し、絶対に接触することはないと確信できる間隔を保ちながら、必要ならばセンターラインぎりぎりまでふくらんで安全に通り抜けなければならない。
 接触事故を起こしてしまってから、「大丈夫だろうと思った」と弁明しても、結果がすべてを物語っているわけだから、もはや万事休すである。

園児・児童を守るのはドライバーの崇高な義務

人生の原点
 都会では、かなり早くから、学校周辺の通学路にペイントでスクールゾーンを示し、車両の時間規制を敷いている地域があるが、たまたまその通学路が車の抜け道だったりすると、ゾーン規制を知らなかったふりをして通行しようとする不心得者が現れ、PTA役員などのボランティアの交通整理係と言い争いを起こすこともあるようだ。
 園児や児童を交通事故から守ることは、社会人としてのドライバーに課せられた崇高な義務であって、自分の都合でそれを怠り、横車を押すようなことは、とうてい善良な市民の行動とは認められないだろう。万が一、園児・児童たちの身に何らかの危害を及ぼす事態となるようなことが起こってしまったら、すべての責めを一身に引き受けなければならない。
 園児や児童の交通事故の多くは、居住地周辺の道路で起きている。こうした道路は、周辺住民の日常生活と密接につながっている生活道路であり、通学路やスクールゾーンもその一部となっている。したがって、その地域で育ち、成人した人間にとって、居住地周辺の道路はすべて勝手知ったる我が庭同然であって、目の前を歩いていく黄色い帽子の一つは、まさしく十数年前の自分である—、そのことに気づけば、スクールゾーンにマイカーを乗り入れることなどできないだろう。そして、あと10年もすれば自分の子どもが、黄色い帽子をかぶって同じように、目の前の通学路を歩きながら、ふとクルマに気づいて振り向くかもしれない……。
 1本の道が、世代を超えて人と人を結び合い、生活の輪を広げ、さまざまなドラマが生まれ、やがて消えていく。それが生活道路でつながった地域社会である。ここで育ち、巣立っていった人間にとって、地域社会はかけがえのない人生の原点である。その大切な原点を、わがままな、一人よがりのルール違反でめちゃめちゃにしてしまっては、それこそ天に向かって唾するに等しい。

ページトップ

ホームへ戻る