• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2017年6月19日

各免許で運転できる自動車の車両総重量などの上限が一目でわかるクリアファイルわかっていますか?あなたの免許で運転できる自動車の範囲」好評発売中!

2017年6月 5日

ドライバー・自転車利用者・歩行者など家族全員の交通事故防止に役立つ情報を盛り込んだ新版チラシ「2017年・夏の交通安全家庭新聞」好評発売中!

2017年6月 1日

運転免許の「点数制度」などの解説に加え、「各免許で運転可能な自動車の範囲」を新規収録して増ページ・改訂した冊子「運転免許を大切に」好評発売中!

2017年4月17日

平成29年3月12日施行の一部改正(準中型免許の新設、高齢運転者に対する認知症対策の強化)を収録した「普及版 道路交通法〈改訂第24版」好評発売中!

2017年4月17日

高齢ドライバーが加齢に伴う心身機能の低下を自覚し、事故防止のために実践すべきポイントをまとめた新版冊子「安全運転 10の心得」好評発売中!

2017年1月20日

「交通の方法に関する教則」一部改正(今年3月12日施行)を機に、夜間の「上向き」ライトの活用を呼びかける新版チラシ「上向きが基本!」好評発売中!

2017年1月 6日

お話を通して正しい(安全な)横断方法を楽しく学ぶことができる絵本形式の新版教材「ちからもちのおじさん」好評発売中!

2017年1月 6日

考え遊びを通して幼児・小学校低学年児童の知的(交通)安全能力を高める新版ワークブック「わかるかな?」好評発売中!

2016年11月24日

平成29年3月12日施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表ポスター(改訂版)」好評発売中!

2016年11月21日

平成29年3月施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表クリアファイル(改訂版)」好評発売中!

最終更新日:2017年6月19日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全時評>
  • 事故が語る安全
  • 【第21回】

交通安全時評

バックナンバーはこちら

事故が語る安全 日本ハイウェイセーフティ研究所所長 加藤 正明

第21回 高齢化と逆走の関係は?

no21_img01.jpg

逆走事故の実態

悲惨な事故へ発展
 分離交差が基本とされる高速道路などの一方通行の道路で、反対車線を走行してしまう、いわゆる逆走による事故は、毎日新聞の調べ(平成19年4月8日付)によると、平成16〜18年の3年間に全国で109件(年平均36件強)に達し、うち約4割が65歳以上の高齢者によることがわかった。
 逆走に起因する事故は、相手車両にとっても回避が難しく、悲惨な死傷事故へと発展する危険性がきわめて高い。では、どこに逆走を招く落とし穴があるのか ─、その落とし穴を確実に避ける方法はあるのか─について探るため、まずは逆走事故事例のアトランダムなリストアップから始めることにしよう。

高齢者が多いという思い込み
 高齢者による事故が逆走全体の4割を占めると聞くと、何となく、逆走イコール高齢者のように納得してしまいそうだが、残りの6割は高齢者ではないことに注目しなければならない。過去8年間(平成12〜19年)でランダムにリストアップした11件をみても、6件が高齢者以外の事故で、2件はなんと20代の運転者によるものだった。サンプルは少なすぎるけれども、毎日新聞が調べたデータと考え合わせると、高齢者と逆走を性急に結びつけるのは、大きな誤解を招くばかりか、過ちを犯すことにもなりかねない。
 事故の事例を検証する際は、事故の背景(発生状況等)から見始めなければならない。まずはリストアップした事例のうち、高齢者以外のものを新しい順に以下に示そう。

  • ●平成19年6月、午前5時ごろ、愛知県の第2東名高速道上り線で、27歳の会社員男性の乗用車が逆走し、軽乗用車と正面衝突。逆走した男性が死亡。
  • ●平成18年9月、午後2時ごろ、三重県の名阪国道上り線で、63歳の左官業の男性がトラックを飲酒運転して逆走し、トラックと正面衝突。バイクや乗用車2台も次々に衝突し、逆走した男性ら2人が死亡、4人がけが。
  • ●平成17年3月、午後7時ごろ、新潟県の北陸自動車道上り線で、46歳男性が運転する乗用車が逆走し、乗用車と正面衝突。事故を避けようとした後続の車3台が中央分離帯などに衝突した。正面衝突した2台の運転者が死亡。ほか1人が軽傷。
  • ●平成17年2月、午前0時ごろ、埼玉県の東北自動車道上り線で、56歳の無職男性の乗用車が約16キロにわたって逆走し、トラックと正面衝突。逆走した男性が死亡。相手車両の運転者にけがはなかった。
  • ●平成16年10月、午前1時15分ごろ、大阪府の阪和自動車道で、和歌山方面行きの車線を大阪方面に向かって逆走していた21歳男子大学生の乗用車が、トラックと正面衝突し、弾みで側壁に衝突しながら後続の大型トラックにぶつかって止まった。大学生は出血性ショックで死亡。トラックの運転手にけがはなかった。
  • ●平成12年4月、午後10時半ごろ、岩手県の東北自動車道上り線で、38歳の貴金属販売業の男性が運転する乗用車が、サービスエリアから約35キロ逆走して大型トラックと正面衝突。逆走した男性が全身を強く打って即死。

 次に、比較する意味で、高齢者の逆走事故を列記しておこう。

  • ○ 平成19年11月、午後8時50分ごろ、岡山県の山陽自動車道上り線で、74歳の会社役員男性が運転する軽乗用車が逆走し、避けようとしたワゴン車が中央分離帯に衝突、横転した。7人が重軽傷。軽乗 用車はさらに逆走を続け、現場から約8キロ先でパトカーに止められた。男性は、インターチェンジ か本線上でU ターンするなどして逆走を繰り返していたらしい。
  • ○ 平成19年1月、午後0時45分ごろ、北海道の道央自動車道上り線で、84歳の無職男性が運転する乗用車が逆走し、大型トラックと衝突。逆走した男性が死亡し、助手席の妻が軽傷。トラックの運転手 にけがはなかった。
  • ○ 平成16年12月、午後6時半ごろ、大分県の大分自動車道上り線を、78歳の無職男性が約10キロを逆走。これを避けようとした対向車2台がガードレールに衝突し、2名が負傷。逆走した男性は高齢を理由に家族に運転を止められていたという。
  • ○ 平成15年12月、午後2時ごろ、山梨県の中央自動車道下り線で、82歳の無職男性が運転する軽乗用車が逆走し、乗用車と正面衝突。逆走した男性が死亡、相手の乗用車の運転者と同乗者は軽傷。
  • ○ 平成14年1月、午後11時20分ごろ、神奈川県の首都高速湾岸線西行きで、72歳の自動車整備会社役員男性の運転する軽乗用車が逆走し、乗用車と正面衝突。逆走した男性が即死、相手の乗用車の運 転者は軽いけが。

 ほかにも高齢者による逆走事故事例はあるが、それらを見ても、夜間判断力の低下(認知能力の減退)を疑わせるフシはあるものの、そのほかの客観的な特徴は見つけづらい。
ただ、逆走の起点ともいえるUターン地点の特定は、比較的簡単だと思う。やはりインターチェンジの合流点や、サービスエリア・パーキングエリアにおける進入路と流出路の取り違えが重大なポイントだ。インターの進入路にはループ状に設計されたところも多いが、ちょうど円周を1回転したところで、方角が逆転したような錯覚に似た感覚の混乱が生ずるケースもある。
 日ごろ方向オンチという言葉で表現されている、ちょっといつもと道順が違っただけで東西南北の方位が混乱してしまう人がいる。そうした混乱が生ずるのはなぜかわからないが、方向感覚には微妙な個人差があることだけは認めざるを得ない。だが、それが直ちに逆走事件と結びつくだけの根本原因となり得るのかどうか─、また、同じような資質を備えながら、老若の年齢差がどのように作用するのか─。これらが科学的に解明されなければ、単純に加齢による能力の低下が逆走の原因であるとするのは説明不足であり、きわめて危険な暴論と言わなければならない。

標識の整備を急げ

「初心者」に思いやりを
 厄介な問題を持ち出して、解決への道順を示さないのは、ちょっと卑怯な気もするが、患者の容態が把握できていないのに特効薬を処方するわけにはいかない。そんなことをすれば、たちまち医療過誤の責を負わされることにもなろう。しかし、傍観するしかない、と言うつもりもない。一応、逆走が発生する地点は押さえられるのだから、まずはその地点に、進路を間違えないよう読み取りやすい誘導標識を設置することを提案したい。
 現在も、方面と方向、方面と出口、方面と距離などの案内標識が設置されているが、現状で十分とは言い切れない。何が足りないかと反論されても困るが、あまり高速走行に慣れていない、いわば「高速初心者」に対し、やや思いやりに欠けるところがありはしないだろうか。
 例えば、こんな人たちがいる。高速道路上での故障を通報したのだが、現在地を聞かれても答えられない。自分が今、どの辺を走っているのかわからない。また、自分がどの方角を向いているかわからなくなる人もいる。地理にうとい人だと、二つのインターの名前を聞いても、どちらが手前か分からない。だから、出口を通り過ぎたのに気づいてUターンする、ということも起こってしまう。
 こうした「高速初心者」のミスを防ぐためには、インター合流点の手前から次のインターを示すとともに、その先の主要都市名(方面案内)を、やや間隔を狭めて設置し意識づけを図ってはどうだろう。そうすれば、ドライバーも自分がどの方向へ向かって走っているか、目的地方向を間違ってはいないか、に早めに気がつくはずだ。主要サービスエリアにも、流出路と方面を示す大型の反射材を応用した案内板の設置を研究すべきだろう。

ページトップ

ホームへ戻る