• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2017年8月 3日

ドライバー・歩行者・自転車利用者が必ず実践すべき安全確認・安全行動のポイントをまとめた新版チラシ「2017年 秋の交通安全家庭新聞」好評発売中!

2017年8月 1日

飲酒運転根絶啓発の新版冊子「軽い酔いでも重い犯罪!」、新版ポスター「飲酒運転 見たら、聞いたら、110番!」好評発売中!

2017年7月26日

高齢歩行者の横断中の事故防止のポイントと、70歳以上のドライバーの免許証更新手続きの概要をまとめた新版チラシ「高齢者向け交通安全新聞」好評発売中!

2017年7月26日

高齢者の歩行者・自転車利用者・ドライバーの安全通行・安全運転のポイントを簡潔にまとめた新版リーフレット「元気な毎日は交通安全から!」好評発売中!

2017年6月30日

商品価格の見直しを行い、平成29年7月1日より、一部の商品について価格を改定いたしました。

2017年6月19日

各免許で運転できる自動車の車両総重量などの上限が一目でわかるクリアファイル「わかっていますか?あなたの免許で運転できる自動車の範囲」好評発売中!

2017年6月 1日

運転免許の「点数制度」などの解説に加え、「各免許で運転可能な自動車の範囲」を新規収録して増ページ・改訂した冊子「運転免許を大切に」好評発売中!

2017年4月17日

平成29年3月12日施行の一部改正(準中型免許の新設、高齢運転者に対する認知症対策の強化)を収録した「普及版 道路交通法〈改訂第24版」好評発売中!

2017年4月17日

高齢ドライバーが加齢に伴う心身機能の低下を自覚し、事故防止のために実践すべきポイントをまとめた新版冊子「安全運転 10の心得」好評発売中!

2017年1月20日

「交通の方法に関する教則」一部改正(今年3月12日施行)を機に、夜間の「上向き」ライトの活用を呼びかける新版チラシ「上向きが基本!」好評発売中!

最終更新日:2017年8月22日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全時評>
  • 事故が語る安全
  • 【第19回】

交通安全時評

バックナンバーはこちら

事故が語る安全 日本ハイウェイセーフティ研究所所長 加藤 正明

第19回 年末の交通事故対策

 no19_img01.jpg

事故を起こしてからでは遅い

急ぎの心理
 12月に入ると、クルマの通行量は目に見えて増加する。それにつれて人の動きもせわしなくなっていく。暮れが押し迫ると、せわしさはさらに加速していく。物の動きも活発となり、流通業界は一年で最大の書き入れ時を迎え、トラックのトンボ返りは当たり前で寝る間も惜しい忙しい日が続く。天候も気がかりだ。
 贈答品や正月用品、冬物商品など、短期決戦のデリバリーは、みんな時間との勝負である。営業の第一線では安全・迅速・正確と、輸送の3原則を朝礼のたびに繰り返す。それでも無事故を貫徹するのは難しい。
 個人やファミリーの運転の場合でも、暮れのショッピングから帰省、レジャーなど、ギリギリまでスケジュールの調整に頭を悩ますことになり、細かい休息地点や時間はなりゆきまかせで、ともかく出発となってしまう例が多い。
 12月はみんな忙しい、だが自分は特別忙しい─誰もがそう思いたがっている。普段は時間にルーズな人間も、運転席に座ったとたんに行く途中にあるはずの渋滞のことが気にかかり、まだ十分に余裕があると思いながらもスピードを上げ、1台でも先に出ようと追越しにかかろうとする。そして、普段めったに利用しない裏道や地域の生活道路に入ったかと思うと、見事に予想を裏切られて、年末恒例の道路工事にぶつかったり、片側交互通行を強いられ、イライラしてしまう。
 高速道路でも似たような光景を見かける。いっこうに動きだしそうもない渋滞にしびれを切らして、路肩に入り込んで走りだしたはいいが、同じようにせっかちなドライバーに進路をふさがれて、あえなく2台ともレッカー車のお世話になる例も珍しくない。まさに、急がば回れという教訓そのものである。
 こうした自己優先意識というか、古くから指摘されてきた“急ぎの心理”は、安全の見地からは最も用心すべき危険な伏兵というべきだろう。しかし、自分のこととなると、なかなかその危険に気づくことができず、12月の交通事故発生率を押し上げている。取り返しのつかない重大な局面に追い込まれてからでは間に合わないのだ。
 急ぎの心理の陰で、差し迫った危険の発見が遅れ、対応が間に合わずに事故を招いてしまってから、失われてしまったものの大きさに気づいても遅い。

飲酒運転
 こうした目に見えない事故誘因とは別に、どうしても特筆大書しておかなければならないのは、飲酒運転である。9月の道交法の改正で罰則が強化されたからというわけではない。普段、あまり飲酒の習慣のない人でも、職場の懇親会などで飲む機会が多くなり、つい歯止めが利かなくなる。そうした自分の性格や心理は、当人が最もよく知り尽くしているはずだ。それを年末だから、師走だからと許してはならない。
 飲酒を勧めた周囲の人間も処罰の対象となるが、何よりドライバー自身が、そんなつまらぬことで一生、あるいは半生という大事な人生の時を失い、家族を苦境に突き落とすことほど嘆かわしく無意味な生き方はないだろう。そんな悲劇が自分の周囲から起きないよう、人と人が本当の友情で支え合う絆を築くことで、飲酒運転は防止できるはずである、と思うがどうだろう。
 多少の個人差はあるにせよ、飲酒は少量であっても、人間の意識を狂わせ、運動感覚のバランスを失わせる。普段は造作もなくできる動作をぶざまに失敗する。酒席などで、酔漢が小さな段差でつまずいたり、こっけいな動作を何回も繰り返すのをよく見かけるが、本人は「自分はしっかり歩いている」、「この程度の酒で酔うはずがない」と主張し、なおも失態を繰り返す。
 こんなことをクルマの運転の場でテストしたらどうなるか、もはや結果をうんぬんするまでもないだろう。ちなみに、昨年8月、福岡市の海の中道大橋で、飲酒運転の車が家族5人の乗ったRV車に追突、RV車は海に転落して幼児3人が水死した事故で、福岡地検はさきごろ、加害者の元福岡市職員(23)に懲役 25年を求刑した。この量刑が適当かどうかを論評する立場にないが、厳罰化が多くの被害者家族の支持を得つつあることは、しっかり肝に銘じておくべきだ。

急変する気象には細心の気配りを

雪支度を忘れずに
 交通事故の決定要因は、人・車・道の3要因に集約できるといわれるが、人(ドライバー)が自己責任を問われるのは文句なしに理解できるものの、車や道路のせいにしてしまうのはいかがなものか。車はメカの不調に気づいたらすぐ修理すべきだし、定期点検を怠らなければ、まず事故に結びつくことはないが、タイヤ・バーストやタイヤ脱落という事例もあるから、整備点検不良には注意が必要だ。
 道路に関しては、亀裂や陥没といった自然災害に近いケースは別として、スリップやスキッド(横滑り)については、半分はドライバー責任と考えてよい、というのが一般論だろう。
 しかし、プロでも頭を悩ますのが、冬の気象の読み方である。気象予報も絶対的信頼はおけないし、風向き次第でどう変わるかわからないのが冬の天気である。したがって、長距離走行となる場合は当然、いつ雪に変わるかもしれないという予測に立って雪支度をしておかなければならない。まずは足元から、タイヤチェーンと冬用タイヤ(スタッドレスやスノーラジアルなど)は必携品である。その必携品を忘れて、まあ何とかなるさと出発するから、雪道にはまり込んで身動きできなくなったり、シャーベットに足をとられたり、凍結路でハンドルもブレーキも効かなくなってレッカー車の世話になるハメに陥るのである。
 しかも、レッカー車はすぐに来てくれるという保証はない。レッカー車の需要は、一度に重なりがちで、寒さをしのぐために車のなかで待っているうちに後続車に突っ込まれることもある。

心に残る年末・年始を
 ひと昔前は、国内の年末の交通ラッシュを“民族の大移動”とマスメディアも揶揄(やゆ)的に報じたものだが、近年は、若者を中心に、海外旅行に出かけたり、帰省もニューファミリーの顔見せが主目的になるなど、年末の過ごし方も人それぞれになってきている。かつてのように、久しぶりの同窓会で飲み明かし、二日酔いのフラフラ状態でクルマを走らせるといった常識外れは少なくなったようだ。
 年末の運転は、しっかりプランを立て、無理無茶をせず、人・車に負担をかけず、道路に逆らわない運転を心がければ、無事、心に残る年末・年始を迎えられるはずだ。

ページトップ

ホームへ戻る