• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2017年6月19日

各免許で運転できる自動車の車両総重量などの上限が一目でわかるクリアファイルわかっていますか?あなたの免許で運転できる自動車の範囲」好評発売中!

2017年6月 5日

ドライバー・自転車利用者・歩行者など家族全員の交通事故防止に役立つ情報を盛り込んだ新版チラシ「2017年・夏の交通安全家庭新聞」好評発売中!

2017年6月 1日

運転免許の「点数制度」などの解説に加え、「各免許で運転可能な自動車の範囲」を新規収録して増ページ・改訂した冊子「運転免許を大切に」好評発売中!

2017年4月17日

平成29年3月12日施行の一部改正(準中型免許の新設、高齢運転者に対する認知症対策の強化)を収録した「普及版 道路交通法〈改訂第24版」好評発売中!

2017年4月17日

高齢ドライバーが加齢に伴う心身機能の低下を自覚し、事故防止のために実践すべきポイントをまとめた新版冊子「安全運転 10の心得」好評発売中!

2017年1月20日

「交通の方法に関する教則」一部改正(今年3月12日施行)を機に、夜間の「上向き」ライトの活用を呼びかける新版チラシ「上向きが基本!」好評発売中!

2017年1月 6日

お話を通して正しい(安全な)横断方法を楽しく学ぶことができる絵本形式の新版教材「ちからもちのおじさん」好評発売中!

2017年1月 6日

考え遊びを通して幼児・小学校低学年児童の知的(交通)安全能力を高める新版ワークブック「わかるかな?」好評発売中!

2016年11月24日

平成29年3月12日施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表ポスター(改訂版)」好評発売中!

2016年11月21日

平成29年3月施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表クリアファイル(改訂版)」好評発売中!

最終更新日:2017年6月19日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全時評>
  • 事故が語る安全
  • 【第18回】

交通安全時評

バックナンバーはこちら

事故が語る安全 日本ハイウェイセーフティ研究所所長 加藤 正明

第18回 ひき逃げ事故について考える

 no18_img01.jpg

ひき逃げの罰則が強化

犯罪心理
 9月に施行された道交法の一部改正により、いっこうに止まない飲酒運転に対する罰則が強化されたと同時に、最近目立って増加しているひき逃げに対しても一段と厳しい罰則が科せられることになった。
 ひき逃げが許されない犯罪だということは、改めて指摘するまでもない常識だと思うが、ドライバーは、人身事故が重大な過失だということがわかっているだけに、犯してしまった罪の重さに動揺し、“こわくなって” 無意識のうちに現場から逃げ出してしまった、というのも犯罪心理として理解できないでもない。
 しかし、法に規定がある以上、うまく法の網をくぐり抜けようとする態度は許されない。そして罰則が強化されれば強化されるほど、法制の趣意から外れて、逆に“ひき逃げ”事件が増加するのでは、と危惧する声もある。

悪質なひき逃げ2件
 ひき逃げに悪質と良質の区別などあるはずはないが、“これは許せない”という事例が、最近目立って増えているような気がしてならない。
 一つは、今年2月下旬、千葉県流山市で、男性をトラックではねて死亡させたうえ、被害者を車体下に巻き込んだまま引きずって約1・6キロ走行し、途中で振り落とそうと蛇行運転を繰り返したという事件。10月、「被害者を巻き込んだことを知りながら引きずり続けるなど、まれにしか見ない悪質な犯行」として、ドライバーに懲役2年4月が言い渡された。
 アスファルト上を1キロ以上も引きずるなど、言語道断だ。ひいた・はねたと気づいたら、直ちに車を止めて、警察や消防に通報しなければならない。
 二つめは、10月上旬の深夜、埼玉県さいたま市で、バイクの男性をはねたワゴン車が300メートル先で民家に突っ込み、立ち往生しているところをあえなく御用となったというお粗末。バイクの男性は首の骨が折れる重傷だったという。
 このワゴン車には、先行するエピソードがあって、同市内の駐車場でパトカーが警戒中に、急発進して国道バイパスを逆走して逃げたのを、あやしいとみたパトカーが追跡していたという。犯罪の臭いプンプンという気もするが、今の時点で詳細は不明である。
 もちろん、以上のような悪質な例はそう多くないと思うが、なかには気の毒な加害者があることも否定できない。たとえば交通の状況から、前方の状況がつかめないまま、ひたすら前車に接近追従し、あまりスピードも出ていないからと安心しているところで、前車が不意にセンター寄りにハンドルを切ったのに気づいて、どうしたのかとポカンとした瞬間、目の前に老人の自転車がよろよろと走っていて、よけ切れないままぶつかってしまったというようなケースである。
 ここまででは、まだひき逃げには至らないが、ドライバーとしては、どこまで危険を予知するか、ということがキーポイントで、予知能力を高めるということは日常不断のトレーニングによって磨き上げられていくものだ、と考えなければならない。
 なんとも、木で鼻をくくったような言い方に聞こえるかもしれないが、先の例で前車が右へ(センター寄りに)ハンドルを切ったのに気づいたら、まず軽くブレーキペダルに足を移し(つまりひと呼吸置いて)、左側に何か障害物があるかもしれない(自転車かバイクか、あるいは停止車両か)と想像力を働かせることが大事である。
 そうした日常の注意力の作用が、前方の小さな変化や対向車のセンターラインはみ出しといった大きな危険にすばやく対処するという術や技を身につけることへとつながっていくのである。
 危険予知能力とか、対処能力のような、安全運転にかかわるノウハウは、法令で細かく規定されているわけではなく、経験の積み重ねのなかの反復学習によって、自然に身についていくものと考えたほうがよい。安全は、こちらが正しく、こちらは誤りというような択一式ではなく、しばしばその二つの間をゆらゆら揺れながら漂っているのかもしれない、と考えるのも一案であろう。
 よく使われる「安全速度」という発想も、それが規制速度と同じではないことは、本連載の読者なら先刻ご承知のことと思う。前方をよく見るということも、じっと何か物を見るのではなく、前方の何を見るのかが大切で、うっかりすると見逃すかもしれない危険な兆候、流れの中の変化を見抜く眼力というか、直感力がなければ、フシ穴も同然と言われても返す言葉もないだろう。

決してあせらないこと

乱暴な車が増えている
 まるで当たり屋を思わせるような、ギリギリの車間に車をねじ込むように割り込んでくる乱暴な車が増えているという。そうかと思うと、ワンボックスカーに定員いっぱい乗り込んで猛スピードで走り、車線を縫うようにジクザグ運転に興じる若いグループも見かける。揚げ句に、街路灯の柱にぶつけて、同乗の仲間を路上に投げ出し、その仲間が後続車にひかれてしまう、という事例も耳にする。また、仲間が仲間にひかれる、という事例もある。気の毒の限りという気もするが、自業自得とも思ってしまう。
 ワンボックスカーは定員いっぱい乗り込むと、重心がリアにかかりすぎて前輪が浮き気味となり、ステアリングが軽くなりすぎて、ついオーバーステアリングになりやすく、切り戻そうとすると、最悪の場合は横転してしまう。さらに悪いことに後席ではシートベルトを装着していない者がほとんどなので、衝突や横転のショックでスライド・ドアが開き、そこから遠心力で吐き出されてしまう、というアクシデントに発展することもある。

逃げるが勝ち
 乱暴な車の集団に、恐る恐る追従していては、ひき逃げなど凶悪な犯罪の一味にされてしまうかもしれない。へたに近寄るととばっちりを受けそうなので、うっかり注意もできない。厄介事とかかわりたくなければ、第一にはそういう手合いには近寄らず、逃げるが勝ち、ファミレスでも見つけて、まず自分の頭を冷やすことだ。
 最悪のケースは、すっかり正義漢になり切り、集団に喝を入れてやろうとしたり、あるいはカーチェイスをしかけたりして、こちらが“制裁”を受けるはめになってしまうことだ。
 また、道路に倒れている人に気づくのが遅れてひいてしまう─といった悲劇を起こさないよう、交通状況がよく読みとれないときは、まず気を落ちつけて、車の速度をひかえめにし、決してあせらないこと。障害物に気づいたら、ハザードをつけてゆっくり停止すればよい。 

ページトップ

ホームへ戻る