• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2017年6月19日

各免許で運転できる自動車の車両総重量などの上限が一目でわかるクリアファイルわかっていますか?あなたの免許で運転できる自動車の範囲」好評発売中!

2017年6月 5日

ドライバー・自転車利用者・歩行者など家族全員の交通事故防止に役立つ情報を盛り込んだ新版チラシ「2017年・夏の交通安全家庭新聞」好評発売中!

2017年6月 1日

運転免許の「点数制度」などの解説に加え、「各免許で運転可能な自動車の範囲」を新規収録して増ページ・改訂した冊子「運転免許を大切に」好評発売中!

2017年4月17日

平成29年3月12日施行の一部改正(準中型免許の新設、高齢運転者に対する認知症対策の強化)を収録した「普及版 道路交通法〈改訂第24版」好評発売中!

2017年4月17日

高齢ドライバーが加齢に伴う心身機能の低下を自覚し、事故防止のために実践すべきポイントをまとめた新版冊子「安全運転 10の心得」好評発売中!

2017年1月20日

「交通の方法に関する教則」一部改正(今年3月12日施行)を機に、夜間の「上向き」ライトの活用を呼びかける新版チラシ「上向きが基本!」好評発売中!

2017年1月 6日

お話を通して正しい(安全な)横断方法を楽しく学ぶことができる絵本形式の新版教材「ちからもちのおじさん」好評発売中!

2017年1月 6日

考え遊びを通して幼児・小学校低学年児童の知的(交通)安全能力を高める新版ワークブック「わかるかな?」好評発売中!

2016年11月24日

平成29年3月12日施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表ポスター(改訂版)」好評発売中!

2016年11月21日

平成29年3月施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表クリアファイル(改訂版)」好評発売中!

最終更新日:2017年6月19日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全時評>
  • 事故が語る安全
  • 【第17回】

交通安全時評

バックナンバーはこちら

事故が語る安全 日本ハイウェイセーフティ研究所所長 加藤 正明

第17回 歩行者・自転車事故を一掃しよう

no17_img01.jpg

クルマ優先意識を改めよ

遊びのなかで学ぶルール
 子どもは遊びの達人である、と言われてきた。しかし、現代の子どもは遊びが下手になった、遊ばなくなった、という。少子化や社会環境の変化など、それにはいろいろ理由はあるようだ。遊びには、大なり小なり危険がつきまとう。遊びに没頭してくると、大人たちの注意や周囲の危険が見えなくなる。しかし、そういった危険も伴うさまざまな遊びのなかで、大人社会に通ずるルールやマナーなどの約束事を学んでいくはずだ。
 なかでも自転車は、子どもにとって実用を兼ねた遊具であり、大人のクルマ社会に接することができるきわめて魅力あふれる道具だが、子どもが運転する自転車はクルマ社会の常識と合致するとは限らない。時には、仲間同士の秘密に包まれた連帯感や、わくわくするような冒険の誘惑にそそのかされて、大人の目の届かないところへとび出してしまうことも珍しくない。
 だからといって、子どもは、危機管理術を身につけるまでクルマ社会の弱者として保護される─というわけでもなく、結果的に高齢者や障害者とともに邪魔者扱いをされたり、車に進路をふさがれて、立ちすくむといった怖い経験をすることになってしまう。

多発する交差点事故
 歩行者・自転車とクルマが接触する可能性が最も高いのは、信号機の有無にかかわらず、交差点であろう。道路交通法は、交差点の通行方法等について細かく指示しているが、「横断歩道等における歩行者等の優先」(第38条)の規定は、必ずしも運転者の思想としてしっかり根づいているとは言い切れない。全国的に見ても、交差点事故は高い比率を占めており、歩行者や自転車などの交通弱者が被害者になるケースが目立つ。
 人影を見たら赤の点滅信号と思え、とか、子どもの自転車は緊急車両と同じ、などと、「歩行者・自転車の優先」を強調する人もいるが、実際の交通場面では、露骨なクルマ優先主義で、我先にと交差点を走り抜けようとするせっかちな運転ぶりが目につく。何でも人より先に─、というのは日本人の特性で、別に悪気はないのだからと寛大な見方をする人もいるが、ケース・バイ・ケースで明らかに悪癖として改めるべきは速やかに改めるべきではないか。
 クルマの流れがとぎれるのをずっと待ち続けている高齢者に気づいても、横断歩道の数メートル手前で停止して、高齢者に道を譲ろうとするクルマを見かけることはきわめてまれである。横断歩道上に歩行者を見ても特別に意識することもなく、何となく歩行者が譲るだろうと思っている。この何となくというのがクセモノで、別の言葉でいえば高慢であり、自分が先だという“クルマ優先”の意識の表れにほかならない。
 特に大型トラックや大型バスは、フロントガラスが大きく広い分、前方はよく見えていると思い込みがちだが、死角あるいは仮性死角が意外に大きく、注意深く意識的に見ようとしなければ危険を見落としてしまう─ということを知らなければならない。左折時の巻込み事故は、死角について考える絶好のテキストといえるかもしれない。
 ともあれ、交差点は歩行者、自転車、クルマと、多様な道路利用者が複雑に交錯する場だから、信号機の3色だけで手際よく交通をコントロールするのは難しい。近年は矢印信号などが付加された交差点が増え、流れがスムーズになって安全が向上した反面、不慣れな運転者の戸惑いから事故になる例もあるようだ。新しいシステムというものは、便利に使いこなすまでには、多少の時間がかかるのもやむを得ないのかもしれない。

みんなで生み出すクルマ社会の安全

子どもと高齢者の行動特性
 幼少期の子どもは発想から行動への展開が直線的で、周囲の状況を見きわめてから最良の手段を選ぶ、といった回りくどい方法とは縁がない。思い立ったら即実行である。気の合った遊び仲間同士なら、ツウといえばカァで、行くぞとなれば後ろを振り返っている余裕はないのだ。とりわけ男の子はサッカー選手のように、町中でもよく走り回る。
 反対に、高齢者になると反射動作がにぶくなり、自身の運動能力の低下を自覚している人も多いから、信号交差点でも「青だから渡ろう」ではなく、渡り切れないうちに信号が変わると危ないから「青に変わるのを待って渡ろう」という安全意識が少しずつ浸透してきたようだ。ところが、そうした用心深さや周到さが、若い運転者にはまだるっこく、舌打ちしたくなるらしい。何とも身勝手な発想だが、自分だけが忙しく気分を空回りさせ、周囲を冷静に見ることもできないというのは、ある意味では精神的未成熟であり、クルマ社会の安全を脅かす病因に数えられるかもしれない。

譲り合いのマナー
 クルマ社会の安全は、老若男女、社会の成員みんなが参加することで初めて成功が期待されるし、お互いがよく理解し合うことから譲り合いのマナーも生まれてくるものだ。クルマ社会におけるこうしたモラルとかマナーというものは、幼少時から地域の大人たちに守られながら、日常生活の広がりのなかで自然に身につけてゆく共生思想の一環であり、他者から押しつけられてとか、人目をはばかって仕方なく従うということであってはならない。
 道路があれば、車は無遠慮にどんどん進入してくる。市民の日常生活の領域までトラックが入り込むようになって久しい。その分、生活の利便性は増したが、地域の生活道路としての安全は危うくなった。ノルマを負った業務のなかで、住民の安全への目配りがおろそかになってしまうのは、運転者の立場で考えれば理解できないこともないのだが。
 最近、何かと言うと「規制緩和」が持ち出されて、規制が厳しすぎるのではないか、行政が住民におもねているのではないか、という苦情も耳にする。しかし、安全に規制緩和はなじまない、というのが私の基本的な立場である。
 地域の生活道路に関しては、トラックの側が最大限に譲歩すべきであろうが、何も、大型トラックを締め出せとか、一行通行路で車同士や住民との接点を極小化せよ、という極端な具体策をいきなり突きつけているのではない。地域から交通事故の被害者を出さないために、まず何から始めるか、自分の家族に視点を据えて考えるべきではないだろうか。 

ページトップ

ホームへ戻る