• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2017年4月17日

平成29年3月12日施行の一部改正(準中型免許の新設、高齢運転者に対する認知症対策の強化)を新規収録した「普及版 道路交通法〈改訂第24版」好評発売中!

2017年4月17日

高齢ドライバーが加齢に伴う心身機能の低下を自覚し、事故防止のために実践すべきポイントをまとめた新版冊子「安全運転 10の心得」好評発売中!

2017年1月20日

「交通の方法に関する教則」一部改正(今年3月12日施行)を機に、夜間の「上向き」ライトの活用を呼びかける新版チラシ「上向きが基本!」好評発売中!

2017年1月 6日

お話を通して正しい(安全な)横断方法を楽しく学ぶことができる絵本形式の新版教材「ちからもちのおじさん」好評発売中!

2017年1月 6日

考え遊びを通して幼児・小学校低学年児童の知的(交通)安全能力を高める新版ワークブック「わかるかな?」好評発売中!

2016年11月24日

平成29年3月12日施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表ポスター(改訂版)」好評発売中!

2016年11月21日

平成29年3月施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表クリアファイル(改訂版)」好評発売中!

2016年11月16日

平成18年6月施行分から平成29年3月施行分までの法改正の内容をわかりやすくまとめた「近年の道路交通法 一部改正の要点(改訂版)」好評発売中!

2016年10月21日

ドライバー向け危険予知トレーニングDVD(指導者用解説書付き)の新作「交通KYTを活用し、危険予知能力を高める!Part2」好評発売中!

2016年9月13日

歩行中や運転中のスマホ使用が招く事故などの危険を簡潔にまとめた新版チラシ「ながらスマホは危険がいっぱい!」好評発売中!

最終更新日:2017年4月28日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全時評>
  • 事故が語る安全
  • 【第15回】

交通安全時評

バックナンバーはこちら

事故が語る安全 日本ハイウェイセーフティ研究所所長 加藤 正明

第15回 計画ドライブで夏休みを楽しく

no15_img01.jpg

あせらず急がず

高速道路の賢い利用法
 長い夏休みが迫っている。そんなことは、ずいぶん前からわかりきっていたことなのに、目前に迫らなければものごとはいっこうにすすまないものだ。ドライブに出かけることになっても、目的地、出発日時、車やレジャー用具その他、担当者を決めても、どこかまだあいまいな部分が残っていたり、ファミリーにしろ友人のグループにしろ、人を頼りにしているところがあったりして、休憩地点や食事の計画など細かいところは穴だらけ、ということも少なくないのが普通だろう。
 初めに小さなつまずきが重なると、つまらないことでイラ立ったりして、ドライブの興が半減してしまうことにもなりかねない。時間に余裕をもって出発し、特に高速道路を利用する際は、できるだけ慣れたインターから進入することにして、ゆめゆめ逆走などという不吉なことが起きないようにしたい。
 8月15日のお盆をピークとして、日本列島は帰省ラッシュで身動きができなくなる。交通情報の放送でも、高速道路の渋滞状況は「××を先頭に下り線は 35キロ、上り線は……」と聞くだけで息が詰まりそうになってくる。さらに追い討ちをかけるように「○○付近で起きた乗用車同士の事故のため……」と聞くと、出発を2、3日遅らせればよかった、と後悔の気持ちさえ湧いてくる。
 実際、なぜ同じ時期の同じ時間帯に、一斉にセミのように車が動き出すのか、この季節ほど、不思議な気持ちにさせられることはない。というのも、数日も経たずして、何ごともなかったかのように、どこへ行ってしまったのか車の影もまばらになってくるからだ。この辺を計画段階で見越して、あせらず急がず、自分好みのプランニングができないものか、といつも思う。
 さんざん待たされ、じらされて、まだ道半ばにも届かないのに、陽はすっかり高くなって、喉が渇いた、おなかが空いた、トイレに行きたいだのと、ドライバーをイラ立たせる声が同乗者から出始める。しかし、少し前にSAを過ぎたばかりで、次のパーキングまでどのくらいかかるかは行ってみなければわからない。「だから出発前に決めておくべきだったのに」と声に出す者はいなくても、不満の空気は伝わってくる。
 高速道路のSA・PAはだいたい10キロ区間ごとに設置されているから、1カ所パスしたからといってあわてる必要はないのだが、困るのは利用者がほぼ一定の時間帯に集中することである。”体内時計”という、外からでは気づきにくい精密機械の作用によるものだが、この時刻調整はさほど難しくない。30分程度ずらせば、エアコンの効いたレストランで、行列することもなく、ゆったりしたテーブルに席を占め、そのあとのスケジュールを相談しながら食事を楽しむこともできるというものだ。
 時間にゆとりがないと、つい込み合う方へ込み合う方へと流れてしまいがちだ。そうなると食事を楽しむどころではなくなって、気分もすっかりダルくなり、食事が終わるころには眠くなってしまう。

駐車時の注意ポイント
 ここでちょっと時間は前後するが、駐車の際は、できるだけ直射日光の当たりにくい場所を選び、多少とも陽が当たる場合はダッシュボードをサンバイザーで覆うようにして、室内に熱気がこもらないようにしたい。
 食事を終えて戻ってみたらサウナのような車内になっているというのでは、エアコンもすぐには効かないし、運が悪ければバッテリー上がりや、オーバーヒートへと発展して、まさに泣きっ面にハチとなりかねない。食事のあとは、急いで車内に入らず、ゆっくり洗顔して汗をぬぐい、空気を入れ換えてから「さあ、出発するぞ」とリーダーの号令を待って乗り込むべきである。もちろん、欠員の有無もチェックすること。人間の忘れ物は、まさかではすまされない。また、食事に行く際に、チャイルドシートに幼児を残したままにすることだけは、たとえ曇りの日でも絶対に許されない─ということを肝に銘じてほしい。

流れを乱さず、流れに乗って

エゴイズム
 交通量が多くなって、渋滞気味になってくると、とかく抜け駆けを図って少しでも前に出ようとする車が出てくる。それぞれ自分なりの理由はあるのだろうが、周囲の車から見ると身勝手で危険な行動に映るし、何よりも不快感を抑えることができない。みんなが順番を待って列をつくり、今か今かと自分の番を待っているときに、不意に列のなかに割り込まれたような気にさせられ、よし自分もやってやれといった気分になる人もいよう。
 こうした心理状態は安全の上からも好ましくない。心のゆとりが失われていることに、自分でも気づかないからである。スキを見つけては、少しでも先に出ようとするあせりの気持ちが危険を招き寄せる。そうした潜在危険が、現実となって事故を呼び込んでしまうのだ。エゴイズムで目が曇って、周囲の状況がよく見えず、判断力が正しく機能しなくなっているのだ。
 混雑する道路では、高速道路であろうと一般道路であろうと、特に地域の生活道路と交錯するような場所では、何よりも全体の流れを乱さないように、エゴを抑えて、流れに乗って流れの変化を読みながら走ること。そうした冷静な運転が、レジャードライブの絶対条件である。
 楽しさを求めて、せっかく遠くまでやってきたのに、小さなトラブルで計画が台無しになっては、親しいメンバーに顔向けできないことになってしまう。したがって、運転を受け持つ人間は、「エゴを抑えて、流れの変化を読みながら」ハンドルを握ることを何回でも自分に言い聞かせ、絶対にスピードを競うような運転にならないよう注意しなければならない。

高い重心の落とし穴
 例年のことながら、このシーズンに、ファミリーや各種グループの車が事故に巻き込まれ、多くの命が失われた現場を、これまでどれほど多く見てきたことか─。
 なかでも、近年、目につくのが、ワゴンタイプの重心の高い乗用車で、定員いっぱいが乗り込んで事故を起こす事例である。パターンとしては、発端は単独事故だが、ハンドルをとられて側壁やガードレール、あるいは中央分離帯にぶつかって乗員は車外に放出され、後続車がよけきれず衝突してしまう形が多い。重心の高いワゴン車は、ちょっとハンドルをぐらつかせただけで重心移動から横ゆれ(ローリング)を生じやすく、前述のような事故に発展する可能性が高い。とくに降雨後などは、タイヤの横すべり(スキッド)やハンドルの遊びから、操作ミスにつながる運転をしないよう、スピード超過には十二分の警戒を望みたい。 

ページトップ

ホームへ戻る