• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2017年6月19日

各免許で運転できる自動車の車両総重量などの上限が一目でわかるクリアファイルわかっていますか?あなたの免許で運転できる自動車の範囲」好評発売中!

2017年6月 5日

ドライバー・自転車利用者・歩行者など家族全員の交通事故防止に役立つ情報を盛り込んだ新版チラシ「2017年・夏の交通安全家庭新聞」好評発売中!

2017年6月 1日

運転免許の「点数制度」などの解説に加え、「各免許で運転可能な自動車の範囲」を新規収録して増ページ・改訂した冊子「運転免許を大切に」好評発売中!

2017年4月17日

平成29年3月12日施行の一部改正(準中型免許の新設、高齢運転者に対する認知症対策の強化)を収録した「普及版 道路交通法〈改訂第24版」好評発売中!

2017年4月17日

高齢ドライバーが加齢に伴う心身機能の低下を自覚し、事故防止のために実践すべきポイントをまとめた新版冊子「安全運転 10の心得」好評発売中!

2017年1月20日

「交通の方法に関する教則」一部改正(今年3月12日施行)を機に、夜間の「上向き」ライトの活用を呼びかける新版チラシ「上向きが基本!」好評発売中!

2017年1月 6日

お話を通して正しい(安全な)横断方法を楽しく学ぶことができる絵本形式の新版教材「ちからもちのおじさん」好評発売中!

2017年1月 6日

考え遊びを通して幼児・小学校低学年児童の知的(交通)安全能力を高める新版ワークブック「わかるかな?」好評発売中!

2016年11月24日

平成29年3月12日施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表ポスター(改訂版)」好評発売中!

2016年11月21日

平成29年3月施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表クリアファイル(改訂版)」好評発売中!

最終更新日:2017年6月19日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全時評>
  • 事故が語る安全
  • 【第14回】

交通安全時評

バックナンバーはこちら

事故が語る安全 日本ハイウェイセーフティ研究所所長 加藤 正明

第14回 厳罰化の限界

no14_img01.jpg

悪質な運転による事故の続発

自動車運転過失致死傷罪
 昨年8月、福岡市の海の中道大橋で飲酒運転の乗用車がRV車に追突、RV車に乗っていた一家5人のうち、父母を除く幼児3人が死亡するという前代未聞の大惨事が発生した。また、昨年9月には川口市で散歩中の保育園児の列に脇見運転のワゴン車が突っ込み、園児ら21人が死傷する事故が起きた。さらに昨年 10月には、横浜市で暴走車が歩道に乗り上げ、高校生の列に突っ込んで9人が死傷した…。
 こうした悪質な運転による事故の続発に対し、全国交通事故遺族の会は街頭署名活動を展開。切実な世論に押されて、去る5月中旬、衆院本会議で「自動車運転過失致死傷罪」の新設などを盛り込んだ刑法一部改正が成立した。これによって、従来の「業務上過失致死傷罪」では最高で懲役5年とされていたのが、2年引き上げられて7年となった。
 しかし、遺族のあいだには、まだ強い不満がくすぶり続けているようだ。

遺族の心情
 交通事故の加害者に対する罰則が厳しくなったからといって、それによって被害者や遺族の苦痛が軽減されるわけではないし、なにがしかの利益が約束されるというものではないことは言うまでもない。
 肉親を失った遺族の心情としては、「奪われた命を返してほしい」という一語に尽きるだろう。失われた生命は二度と戻らないことがわかっているだけに、遺族の魂の叫びといえるこの言葉は重く響く。
 「なぜ、あの子が死ななければならなかったの?」最愛の子供を失った母親の悲痛な訴えに対する答えは見つからないだろう。それでも納得できる答えを求めて、訴え続けなければやまない被害者家族の一念が、罰則強化へと進んでいった経緯は、我が身をそこに置いてみれば理解されよう。
 だからこそ、過失による自動車事故に対する刑罰の罰則が2年引き上げられて懲役7年となったことに対する被害者家族の反応は、いまいちすっきりしないようだ。とりわけ遺族の心情としては「自分たちがこんなに苦しんでいるのに」という、やる方ない思いから、復讐的な怨念(おんねん)が混じっていたとしても、あながちそれを  「よこしまな情念」として簡単に排除することはできないだろう。
 刑罰の制定に関しては当然、公正な立場から問題を直視するということが基本だと思われるし、情に流されて基準を見失うということになっては本末転倒のそしりを受けることになりかねない。
 被害者側の心情を酌んで、しかも社会的な公正の観念に沿って、厳正に対処しなければならないが、社会通念というもののとらえどころがないだけに、量刑の引き上げで、ひとまず和解─というようにはいかないだろう。
 今回の刑法改正に関しては、遺族の声も複雑で、報道によると「車社会に見合った法改正の始まりになれば」との声がある一方、「一歩前進しただけ」と冷ややかな反応も聞かれ、「2年の引き上げでは残念」と不満もくすぶる。
 これだけでは真意がつかみにくいが、交通事故被害者の遺族が、必ずしも罰則強化で問題は解決されると考えているわけではないことが知れる。そうした遺族の感情というか、率直な心をどこまで法に盛り込むことができるか─。また、策定された“法の精神”をどこまで安全教育の場で押し広め、安全思想として浸透させ、定着させていくことができるか─、新たな課題も突きつけられた。
 懲役7年といえば、春秋に富む若者にとってはかけがえのない年月である。その貴重な“我が人生の最良の時”を、一瞬の不注意や身勝手な“急ぎ心理”の代償として投げ出してしまうことほど愚かなことはない。特に若い人たちには、そのことに気づかせることが、安全教育の基本に据えられなければならない。
 いたずらに厳罰主義を強調して脅しをかけてみても、“前をよく見ていなかった”り、“ペダルを踏み違えた”りと、初歩的な心構えや技術が身についていなければ意味がない。スピードのもたらす爽快感といった誘惑におぼれないように、クルマ社会の基本をしっかり教育するべきだ。
 安全教育は、義務教育のように通りいっぺんで終わってはならないし、学生、社会人と年代に応じた教育の場 が必要かもしれない。高齢者を対象とするコースも必要だろう。高齢者の場合は、経験から生まれる自己過信という心理学的な側面からの教育も必要になってくる。
 この点については、プロフェッショナルなドライバーにも共通するものがありそうだ。経験が豊かだというだけで、安全が保証されるものではないことを、プロドライバーほど肝に銘じなければならない。

安全は終わりのない道のり

安全教育のポイント
 ある野球選手が、「ホームランは1本ずつ積み上げていけば、絶対に減る心配はないが、打率のほうは、ちょっと不振が続けば、どんどん下がっていくから気が抜けない」とインタビューにこたえていた。
 なるほどと感心した覚えがあるが、このホームランを運転歴に、打率を反則点数に読み替えてみると、クルマ社会の実情というか、安全教育のポイントが見えてくるように思える。
 また、ある老監督が「選手一人ひとりが自分の役目をちゃんと理解し、普通のことを普通にやってくれれば、結果は独りでに出てくる」とにこやかに話していたのが印象に残った。
 たとえが卑近(ひきん)すぎるとお叱りが出そうだが、安全は日々の積み重ねであり、安全には“これでよし”とする到達点がない。しかし、いったんミスを犯すと奈落が待ち受けているのは、野手のミスが失点につながりやすいのと似ている。ミスは緊張感のゆるみから起きやすいのも共通している。

無形の報奨
 車の運転には、特別な緊張感が求められるケースはそう多くない。だからといって、気をゆるめず、普通のことを普通にやっていれば、安全という結果はおのずからついてくる。その一日一日の無事故の成果が、形には表れにくいが社会的信用となり、企業や個人にとってもかけがえのない勲章となって花開く。安全は、こちらから代償を求める性格のものではない。しかし、安全の達成という無形の報奨は、個々のドライバーの自信となり、時には企業のステータスとなり、無形の資産となっていく。厳罰化には、こうした積極面は見えにくい。

ページトップ

ホームへ戻る