• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2017年6月19日

各免許で運転できる自動車の車両総重量などの上限が一目でわかるクリアファイルわかっていますか?あなたの免許で運転できる自動車の範囲」好評発売中!

2017年6月 5日

ドライバー・自転車利用者・歩行者など家族全員の交通事故防止に役立つ情報を盛り込んだ新版チラシ「2017年・夏の交通安全家庭新聞」好評発売中!

2017年6月 1日

運転免許の「点数制度」などの解説に加え、「各免許で運転可能な自動車の範囲」を新規収録して増ページ・改訂した冊子「運転免許を大切に」好評発売中!

2017年4月17日

平成29年3月12日施行の一部改正(準中型免許の新設、高齢運転者に対する認知症対策の強化)を収録した「普及版 道路交通法〈改訂第24版」好評発売中!

2017年4月17日

高齢ドライバーが加齢に伴う心身機能の低下を自覚し、事故防止のために実践すべきポイントをまとめた新版冊子「安全運転 10の心得」好評発売中!

2017年1月20日

「交通の方法に関する教則」一部改正(今年3月12日施行)を機に、夜間の「上向き」ライトの活用を呼びかける新版チラシ「上向きが基本!」好評発売中!

2017年1月 6日

お話を通して正しい(安全な)横断方法を楽しく学ぶことができる絵本形式の新版教材「ちからもちのおじさん」好評発売中!

2017年1月 6日

考え遊びを通して幼児・小学校低学年児童の知的(交通)安全能力を高める新版ワークブック「わかるかな?」好評発売中!

2016年11月24日

平成29年3月12日施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表ポスター(改訂版)」好評発売中!

2016年11月21日

平成29年3月施行の道路交通法一部改正に対応した「交通違反点と反則金一覧表クリアファイル(改訂版)」好評発売中!

最終更新日:2017年6月19日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全時評>
  • 事故が語る安全
  • 【第10回】

交通安全時評

バックナンバーはこちら

事故が語る安全 日本ハイウェイセーフティ研究所所長 加藤 正明

第10回 同乗者厳罰化への大きな一歩

no10_img01.jpg

厳罰化を求める声

飲酒運転の根深さ
 昨年8月、福岡市の「海の中道大橋」で、一家5人の乗ったRV車が飲酒運転の乗用車に追突されて海に転落、幼児3人が亡くなった痛ましい事故は、少し前の出来事になるが私たちの記憶から消え失せることはない。
 この事故をきっかけにマスコミの「飲酒運転一掃」のキャンペーンが展開され、一種の社会現象となった。警察もこれに呼応して、全国規模の検問・摘発に乗り出した。しかし、こうした運動が逆に、飲酒運転の根の深さをあばき出すことにもなった。教師も警察官も自治体職員も、国民が信頼を寄せている立場にいる人たちが次々に検挙され、これが厳罰化を求める声に拍車をかけることになった。
 そして昨年12月、警察庁は世論の厳しい声に押されて「道路交通法改正試案」を発表、同乗者も飲酒運転の共犯者として、懲役刑を含む厳罰化の方向へ大きく一歩踏み出すことを明らかにした。

キャンペーン
 飲酒運転防止のキャンペーンが最も高まっていた昨年10月末、警察は全国一斉に取締りを実施したが、その際にも逮捕者17人を含む1千人超が検挙されるという結果が出た。この数字をどう読むだろうか。大きな成果と見るか、網にかからなかった人数をどの程度と見るか、あるいはイベント的なものにすぎないと冷ややかに受け流すか—。人さまざまだろうが、飲酒運転の絶滅がいかに難しいかということは立証されたようだ。
 キャンペーン中、飲食店では、客から車のキーを預かったり、客の目につきやすいところにステッカーやポスターを張るなど協力的なムードが見られたが、年末・年始の忘・新年会シーズンにかけて、パタと終息したかにみえた。一定の成果はあったと判断されたのだろうか。それとも、勘ぐった見方をすれば、一年の大事な書き入れ時に、ネガティブなキャンペーンが行われると、華やぎに影をさすと、商工会などから「泣き」が入ったのだろうか。
 それはともかく、マスコミも年がら年中、飲酒運転一掃とつき合ってはいられない事情もあるだろう。自治体などが違反職員に対して厳罰でのぞむ方針を打ち出している折、警察庁もキャンペーンにひとまず区切りをつけ、毅然たる姿勢を示す必要もあったのかもしれない。
 もちろん、改正案が国会で可決、成立し、そののち新たな道交法が施行されたとしても、ただちに目に見える成果が期待される、ということにはならないだろう。
 当然のことかもしれないが、飲酒運転をする人自身に「飲酒運転は悪」とする認識はないようだ。むしろ「他人に迷惑をかけなければ文句ないだろう」という、自分は例外だとするひとりよがりの開き直りが感じられる人が多く見受けられるのも事実だ。飲酒運転をする人たちは、なぜ酒を飲むのか、ということについて他人を納得させる理屈を持っていないし、飲まずにいられない自分と向き合って考えたこともない。飲みたいから飲む、のであって、車に乗るのになぜ、とは考えようとしないというのが不思議でならない(何とかわいそうな人たちなんだろう、と思うのは酒をまったくたしなまない筆者のひとり言である)。

良心を目覚めさせるために

賛否両論
 「石川や 浜の真砂は尽きるとも—」。石川五右衛門の辞世とされる歌のひそみにならえば、結びの句は「世に酒飲みのタネは尽きまじ」となるのだろう。前にも書いたと思うが、日本人は酒飲みの習癖について寛大なところがあり、少しくらいの失敗談は大目に見るのが大人の態度だとする見方が強い。
 しかし、自動車を運転するとなると、落語の与太郎のような笑い話では済まされなくなってくる。酒と車が結びつくと、本人の意識はどうあれ、つねに事故と隣り合わせで、他人を傷つけ、時には死の渕に突き落としてしまう危険性をはらんでいる。つまり、いったん酒を口にしてハンドルを握るということは、刃物を振り回しながら人込みの中を歩くようなものだ。こんな当たり前の道理が、当の本人には理解できないというところがコワイ。事故を起こしてしまったあとで、「誠に申し訳ありませんでした」と深く謝罪し、わび言をいくら並べ立てても、すべて後の祭りなのだから。
 だから、「後の祭り」となる前に厳罰をちらつかせて、わずかでも良心や良識を目覚めさせ、危険を未然に防止すべきだというのが厳罰主義の発想である。人間の性善説、性悪説など、人によって考え方はいろいろあり、厳罰に対する賛否もさまざまだろうが、よく裁判の判決文で使われている「何の落ち度もない人」に危害を加え、死に至らしめるようなことをした人間の「身勝手な行動は断じて許されることではない」というのが私の立場である。
 また、法律というものは、人と人との基本的な関係を定めたものであり、無人の原野でどんな無法を働こうとも、まず個人として罪を問われるということにはならない。法律上の判断は法廷に委ねるしかないが、個人の自由にも責務が伴うということを重く受け止めておくべきだろう。
 酒を飲んだ人の運転する車で家まで送ってもらう—などした周りの人たちの責任が注目されている。ドライバーが、飲酒をしたために安全に運転できなくなるという「危険」な状態に足を踏み入れようとしていることを知りながら、自分の利便のために飲酒を黙認することは許されるべきではない、という考え方だ。飲酒運転の容認を防ぐため、飲酒運転の車の同乗者を「共犯者」として捉え、懲役の実刑を科すことが今回の改正案に盛り込まれている。

飲酒常習者
 同乗者に懲役刑とは酷な気がしないではないが、ここまで深く進行した病根を断つには思い切った治療法が求められるということだろうか。
 部外者が軽々しく口をさし挟むべきことではないかもしれないが、飲酒常習者に対しては、孤立させず、常習者は病人なのだという認識に立って、温かい愛情で包み、運転を代行したり、飲酒運転をやめるよう忠告・助言したり、必要なら入院治療を勧めるなど、真摯な協力的関係を深めていけば、必ず道は拓ける—と思う。

ページトップ

ホームへ戻る