• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • 見積もり・お問い合わせ

SIGNAL 有限会社 シグナル

営業のご案内
  • 新商品のご案内
  • 商品一覧
  • 普及版 道路交通法冊子
  • 企業の交通事故防止にこの1冊
  • 危険予知トレーニング教材など(サンプル動画あり)
  • 交通安全講習講師の派遣

悪質商法や詐欺から消費者を守る啓発資料はこちら

お知らせ
2017年10月 3日

歩行者・自転車利用者・ドライバーが実践すべき安全通行・安全運転の「知恵」をまとめた新版チラシ「2017年・冬の交通安全家庭新聞」好評発売中!

2017年8月25日

交通安全の資料作りに役立つイラストを収録したパソコン用データCD「交通安全イラスト集」の最新版(約400点収録)好評発売中!

2017年8月 1日

飲酒運転根絶啓発の新版冊子「軽い酔いでも重い犯罪!」、新版ポスター「飲酒運転 見たら、聞いたら、110番!」好評発売中!

2017年7月26日

高齢歩行者の横断中の事故防止のポイントと、70歳以上のドライバーの免許証更新手続きの概要をまとめた新版チラシ「高齢者向け交通安全新聞」好評発売中!

2017年7月26日

高齢者の歩行者・自転車利用者・ドライバーの安全通行・安全運転のポイントを簡潔にまとめた新版リーフレット「元気な毎日は交通安全から!」好評発売中!

2017年6月30日

商品価格の見直しを行い、平成29年7月1日より、一部の商品について価格を改定いたしました。

2017年6月19日

各免許で運転できる自動車の車両総重量などの上限が一目でわかるクリアファイル「わかっていますか?あなたの免許で運転できる自動車の範囲」好評発売中!

2017年6月 1日

運転免許の「点数制度」などの解説に加え、「各免許で運転可能な自動車の範囲」を新規収録して増ページ・改訂した冊子「運転免許を大切に」好評発売中!

2017年4月17日

平成29年3月12日施行の一部改正(準中型免許の新設、高齢運転者に対する認知症対策の強化)を収録した「普及版 道路交通法〈改訂第24版」好評発売中!

2017年4月17日

高齢ドライバーが加齢に伴う心身機能の低下を自覚し、事故防止のために実践すべきポイントをまとめた新版冊子「安全運転 10の心得」好評発売中!

最終更新日:2017年10月12日

買い物カゴの確認・お会計

  • ホーム>
  • 交通安全時評>
  • 事故が語る安全
  • 【第9回】

交通安全時評

バックナンバーはこちら

事故が語る安全 日本ハイウェイセーフティ研究所所長 加藤 正明

第9回 高齢者とたそがれ

no09_img01.jpg

なぜ事故に遭いやすいのか

夕暮れ時
 北国で雪が降り始めるころから、夕暮れの時間帯はすっかり短くなって、たちまち夜がやってくるようになる。困ったことに、この短い夕暮れの時間帯に人身事故が多く発生している。また、全国で死亡事故が減少傾向にあるなかで、高齢者の死亡事故は際立って多くなっており、全年齢層に占める65歳以上の犠牲者は実に4割を超えているという。
 また、警察庁の2005年の事故データによると、30〜60歳代の1万人当たりの事故死者数は0.4人であるのに対し、70〜74歳では1.0人、75〜79歳では1.3人、80〜84歳では1.6人と、年齢が上がるほど多くなっていることがわかる。高齢者を交通事故から守るには、どうすればいいのか。被害者と加害者、人と車の双方から防衛策を探り出さなければならないだろう。

「老い」の始まり
 いったい「老い」はいつから始まるのだろうか。明確な基準があるわけではない。一般的には、成人病とされる症状が広く見られるようになる年齢から─と考えられるが、それを受け入れるかどうかには個人差があるので、なかなか線引きは難しい。
 運動能力が加齢とともに低下していくのは確かで、日常生活のなかで不自由さを感じることが多くなると、歳のせいかな…と「老い」を認めざるを得なくなってくるが、やはり、これで決まりということではない。また、男女差はあるのか─などと考えていくと、ますます複雑微妙になってくる。
 また、そうした「老い」が車の運転とどうかかわるのか─、単純な能力測定では答えが出せないが、統計的に「高齢者事故」多発の状況が客観的な数値で示されている以上、まずその原因を明らかにしなければならない。
 では、高齢者はなぜ、事故に巻き込まれやすいのだろうか。横断歩道を横断中の高齢歩行者を想定してみよう。時刻は夕暮れ、日没直前で上空にはまだ輝きが残っている感じのころ。交通量は多くはない市街地の交差点である。高齢歩行者は、信号が青であることを確かめてから歩き始める。よく見られる光景である。
 こうした場面で、高齢歩行者は、「まだ周りには十分な明るさが残っているし、信号交差点周辺の灯火類と相まって、自分の姿は十分に目立っている(ドライバーからも見られている)」と、当然のこととして思い込んでしまう。
 しかし、高齢者は、どちらかというと地味でくすんだ色の衣服を身に着けていることが多く、建物の影などに溶け込んでしまいやすいということに気づいていない。白や黄などの明るい色に比べて、暗い色は夕暮れの色に埋没しやすい、ということをほとんど気にかけていない人が多いのだ。
 したがって、右左折車が目前にきているのにもかまわず、横断歩道を強引に渡り切ろうとして、取り返しのつかないことになってしまう。つまり、ひとりよがりの思い込みで行動して、実際には、自分がドライバーから見えにくくなっているということを考えようともしなかったのである。

なぜ見落とすのか

無意識の領域
 高齢歩行者が交通事故の犠牲者になりやすい最大の理由は、身体機能の低下のため、とっさの場合に機敏な動作ができないということだが、立場を変えて、高齢者がドライバーとなった場合、歩行者に対して安全な操作が実行できているか、という安全運転能力をチェックすることは難しい。
 特に夕暮れ時には、人によって差異はあるが、視力は3分の1程度まで低下するといわれている。また、眼の「老い」の象徴ともいえる白内障は、早い人では40歳代から始まるそうだ。白内障は、眼の水晶体が白濁する病気で、強い光を受けると乱反射を生じてまぶしいと感じるが、病状がよほど進行しなければ自覚しにくい。だから、少しおかしいと感じたら、早めに検眼すべきだ。
 それはさておき、「明るさの相対性」についてご存知だろうか。ドライバーの視線は、あたりが暗くなり始めると、無意識のうちにより明るいほうへと向こうとする。逆にいうと、気づかないままに暗いところから目がそれてしまい、暗がりにある重大な情報を見落としてしまうというようなことが起こってしまうのだ。
 同じような理屈から、まだ上空に夕暮れの輝きが残っていると、もう暗くなりかけた地表も明るいと錯覚してしまい、黒っぽい服装の高齢歩行者をあっさりと見落としてしまうことがある。この場合の「見落とし」のメカニズムを詳しく説明すると、自分の進路上のさまざまな灯火を眼にした時点で、光の連続性による運転視界を構築し、前照灯の外縁の見えない空間を視界から切り捨ててしまっているということである。
 これらはすべて無意識の領域で完了しており、ドライバー本人はあくまで安全はきちんと確認した、と思い込んでいる。ここに、同じような事故が繰り返される原因が潜んでいると考えられる。この無意識の領域をチェックし、ドライバーに再確認することを警告するシステムが開発されたら、おそらく交通事故件数も死傷者数も半減するだろう。

「強者」の主張
 ところで、「車はすぐには止まれない」という標語は、静かな説得力がある佳作だと思うが、このフレーズがふさわしい場所は、人と車の接点が多い交差点とその周辺ということになるだろう。交差点では、人と車の双方が「よく見る・よく見せる」ことによって注意力を高め、特にドライバーは、交通弱者とされる高齢者に対していたわりの気持ちを込めて、夕暮れ時の早め点灯を日ごろから心がけることが大事である。こうしたマナーは、一般論としては納得しやすいが、実際の交通場面では、エゴをむき出しにした「強者」の主張が露骨に出てしまいやすい。
 特に、これからは本格的な降雪の季節である。道路上の雪が解けたり、シャーベット状になって凍りついたりすると、歩行者の足元はおぼつかなくなる。とりわけ高齢者の難渋ぶりは、外からは想像もつかないほどだ。そんな状態なのに、泥まじりの雪解け水をはねかけたり、追い立てるようにホーンを鳴らしたりするのは、許されることではない。マナー以前の問題である。

ページトップ

ホームへ戻る